1. まとめトップ

【狭くても】勉強机を置きたい!集中力を高めるレイアウト!

狭い部屋でも集中して勉強をしたいけど、いくら配置を変えても集中力が切れてしまう。勉強机を上手く置きたいけど、レイアウトでググっても中々出てこない・・。集中出来ないのは部屋が狭いからじゃない!集中できるレイアウトがあるそうです。

更新日: 2014年02月15日

133 お気に入り 328216 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

m_00000_mさん

*イメージ図はページの最後に有り

▼どんな机を買えばいいの?

前面や左右に本棚などの収納スペースが付いている学習机より、何も付いていない平机をお勧めします

▼どんな椅子を買えばいいの?

しっかり安定して、地に足が付く椅子を選ぶこと(中略)。安定した姿勢で座り続けられる椅子ならば長時間の集中力を持続させやすいでしょう。

▼机を置く&自分が座る位置は?

落ち着かない机の置き方というのがあります。窓に向いている机。(中略)視線が外に向いてしまい、気が散ります。

部屋で集中して作業をするには、 自分の背中が壁に向かっていることが重要

人間の無意識の防衛本能によるもので、 背中に空間が広がると集中できない

入り口のドアが視線内に入ることも大切です。後ろにあると、ドアが気になって、注意力が散漫になってしまいます。

机から入り口までの距離は、長い方が心理的に落ち着きますし、椅子に腰かけた状態で、お部屋の入口が見える方が、安心感が得られます

▼カーテンは何色がいいの?

集中力を高める色はブルー系やグリーン系の寒色系が良いとされています。カーテンなどに用いてはいかがでしょうか。

▼本棚等の家具はどこへ置けばいい?

本棚などの背の高い家具は、背後に置くと圧迫感が無く、余計な物が視野に入る事もありません

机に向かう時、勉強に必要でないものが視野に入ると、意識がそちらに向いてしまい、集中力を削がれます

◆窓の位置は?

できれば窓は左側に来るようにしましょう。(中略)これは、採光のためです。右利きの人が多いので、左から日光が入った方がノートや教科書に影ができずに見やすいということです。

もちろん左利きの場合は右に窓があったほうがいいですね。

▼イメージ図

1