1. まとめトップ

キュートでセクシーなシェフ!ジャーダ・デ・ラウレンティスの魅力と料理

アメリカFOOD NETWORKのセレブリティシェフのジャーダ・デ・ラウレンティス。彼女のプロフィール・仕事などについて。自他共に認めるかなりのチョコレート好きです。

更新日: 2014年02月24日

24 お気に入り 80022 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Hato_Aikoさん

そのファッションセンスの良さと、明るくチャーミングなキャラクターでファンも多く,グルメ紀行番組などにも出演中

米Food Networkで放送されていたこの番組でエミー賞も受賞したジャーダはそのルックスとバックグラウンドだけじゃなく実力もあるFood Networkの花形スター料理家。

生い立ち・家族

ジャーダ・デ・ラウレンティスは1970年8月22日にローマで、女優のヴェロニカ・デ・ラウレンティスと俳優兼プロデューサーであるアレックス・ベネデッティの間に生まれました。彼女の母方の祖父は映画プロデューサーのディーノ・デ・ラウレンティスです。また、祖母は「苦い米」の主演女優のシルヴァーナ・マンガーノです。

シルヴアーナ・マンガーノ(母方の祖母)

幼少期は家のキッチンや祖父が経営するレストランで過ごすことが多かったそうです。

両親の離婚後、ジャーダが7歳の時に南カリフォルニアへ母親と兄弟で渡りました。

メイクアップアーティストの妹がいます。2003年に弟を癌で亡くしています。

1996年にカリフォルニア大学の社会人類学部を卒業。

2003年にTodd Thompson氏と10年以上のの交際を経て結婚をし、2008年には女の子を出産しています。子供が出来ないと思っていたジャーダにとって、この妊娠は驚きだったそうです。

Todd Thompson氏と娘のJade Marieちゃん

2013年6月 ロサンゼルス 第7回Kidstock Music and Art festivalにて

右の女性がジャーダの妹のEloisaさん、彼女の息子のJulian君

シェフとしての経歴

大学を卒業後、パリのコルドンブルーにて料理を学び、米国に戻ってからは一流レストランで働いたり、フードスタイリストとして活躍をしました。

その後、ロサンゼルスに自身のケータリングサービス会社を設立します。

2002年、FOOD AND WINE MAGAZINEに特集されたラウレンティス一家の記事を目にしたテレビ局役員の目にとまったのが、テレビ界に足を踏み入れるきっかけになりました。

Everyday Italian

2006年3月よりFood Networkにて放送が始まりました。

2008年には彼女の番組"Everyday Italian"がエミー賞を獲得。

2008年に長女が生まれたのを境に、新しいエピソードは撮影されていません。
シリーズは115話まであります。

ジャーダのRaffyおばさんも時に登場。

Giada's weekend gateaways とGiada at home

2007年には”Giada’s Weekend Gateaways"の放送開始、2008年には"Giada at Home"が
続きます。

Giada's weekend gateawaysは、2007年から08年まで2シーズン合計26話が放送されました。内容は、金曜日から日曜日までの週末に全米や国外の各都市を訪問して、そこで食を楽しむという内容。

Giada at homeは、ジャーダが自宅で友達や家族の為に料理をするというコンセプトで構成されていますが、実際には彼女の家で撮影は行われておりません。そして、2009年にはエミー賞二部門にノミネートされ、一部門で賞を獲得しています。

1 2