1. まとめトップ

【皇帝】プルシェンコ黄金時代【棄権】

2014年ロシア・ソチオリンピック。持病の腰痛悪化のため、滑走直前に棄権した皇帝プルシェンコ。8年前のトリノオリンピックでのプルシェンコと彼がメダルを競った個性的なライバルたちをご紹介。

更新日: 2018年06月03日

16 お気に入り 37068 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

chiyodahanaさん

2014・ソチオリンピック

皇帝プルシェンコ まさかの棄権

エフゲニー・ヴィクトロヴィチ・プルシェンコ
1982年生まれの31歳

国籍:ロシア
フィギュアスケート男子シングルの選手。

2014年2月9日の団体フリースケーティング

プルシェンコの奮闘により初のフィギュア団体戦はロシアの金メダルに終わった。

しかし、2月13日男子シングルの練習中に古傷の腰を痛め、演技直前に棄権。
競技からの引退を発表した。

▼オリンピックでの受賞暦
 2002年ソルトレイクシティ 銀
 2006年トリノ       金
 2010年バンクーバー    銀
 2014年ソチ        団体戦 金お気に入り詳細を見る

出典ameblo.jp

ソチでは日本の羽生結弦が日本人男子初の金メダル、カナダのパトリック・チャンが銀メダル、カザフスタンのデニス・デンが銅メダルという結果に。

プルシェンコを「天才」と敬愛してやまない羽生に、そのプルシェンコから「私は彼のヒーローだったかもしれないが、今は彼が私のヒーローだ」と賛辞が贈られた。

プルシェンコ あのときのきみは美しかった

↓↓↓↓ 8 年 前 ↓↓↓↓

トリノオリンピック(2006)

出典ameblo.jp

トリノオリンピック 表彰式

金メダルのプルシェンコを真ん中に
左 銀メダルのステファン・ランビエール(スイス)
右 銅メダルのジェフリー・バトル

金メダル エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)

1位 エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)

「絶対王者」「無敵」と呼ばれた。

(ちなみにこのとき羽生は11歳・小学5年生)

FS使用曲

映画『ゴッドファーザー』より
作曲:ニーノ・ロータ
編曲・演奏:エドウィン・マートン

銀メダル ステファン・ランビエール(スイス)

2位 ステファン・ランビエール(スイス)
1985年生まれ
2010年バンクーバーオリンピックでは日本の高橋大輔にわずかに及ばず4位に。同年3月現役引退。

FS使用曲

「四季」アントニオ・ヴィヴァルディ 作曲 ナイジェル・ケネディ 演奏

謎のシマウマ衣装が話題に。

銅メダル ジェフリー・バトル(カナダ)

ジェフリー・バトル(カナダ)
1982年生まれ。
当初からメダル候補の一人と言われていた。

2008年に現役引退

王子様的なルックスで会場にはファンの黄色い悲鳴が響いた。

SP使用曲
シング・シング・シング
作曲:ルイ・プリマ
振付:デヴィッド・ウィルソン

歌劇『サムソンとデリラ』より
作曲:カミーユ・サン=サーンス
振付:デヴィッド・ウィルソン

4位 エヴァン・ライサチェク(アメリカ)

エヴァン・ライサチェク(アメリカ)
1985年生まれ

2010年 バンクーバーオリンピックでは金メダルを獲得。
2014年ソチを目指して練習していたが怪我により断念。

FS使用曲

歌劇『カルメン』より
作曲:ジョルジュ・ビゼー
編曲:ロディオン・シチェドリン

5位 ジョニー・ウィアー

ジョニー・ウィアー 1984年生まれ

世界中にファンクラブを持つスケーター
2013年現役引退

2011年にロシア系ユダヤ人の男性弁護士と同性婚をした。

当時から女子に人気大爆発だった「ジョニ子」ことジョニー・ウィアー。
美しく中性的な容姿は競技とは別の意味で異彩を放っていた。

SP使用曲
白鳥
作曲:カミーユ・サン=サーンス
振付:タチアナ・タラソワ、シャネッタ・フォレ、エフゲニー・プラトフ

1 2