1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Yusuke-pidさん

投資信託とは?

「投資信託(ファンド)」とは、一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。
「集めた資金をどのような対象に投資するか」は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。

つまり預けたお金をプロが運用してくれるってことです。

ただし、注意が必要です。

投資信託の運用成績は市場環境などによって変動します。投資信託の購入後に、投資信託の運用がうまくいって利益が得られることもあれば、運用がうまくいかず投資した額を下回って、損をすることもあります。

投資信託のメリット

◆小額からの投資が可能であること
通常、日本株を買う場合、20万程度のお金が必要だが、投資信託なら日本株にも1万円ぐらいから投資ができます。

◆分散投資が可能になること
日本株の場合、20万円の株を買った場合には、1銘柄で終わってしまいます。ひょっとして、その1銘柄が倒産したりすると、すべてが0円になってしまいます。
しかし、投資信託なら、広く銘柄を買うことが可能です。このように、分散投資をすることで倒産や等のリスクをコントロールすることができます。

◆専門家に任せることができること
投資信託を使うと、専門家(プロのファンドマネージャー)に運用を任せることができます。
個別銘柄の選定や銘柄の入れ替えに頭を悩ませずにすみます。
専門家を自分だけのために雇ったりはできないので、専門家が利用できる点は投資信託のメリットと言えます(アクティブファンドの場合は特にそうです)。

◆対象商品が広く選べること
投資信託の投資先は様々です。日本株、アメリカ株、中国株、インド株、外国債、不動産など。
通常なら、外国の調査をして、株を買うことは大変ですが、投資信託なら世界的に投資することができます。

投資信託のデメリット

◆コストがかかる
ここで言うコストとは、販売手数用と信託報酬のことであります。
当然、運用の専門家を雇うのですから、その分のお金がかかります。

投資コストについては後で解説していきます。

◆運用成績が落ちるものがある
このデメリットは主にアクティブファンドについてですが、アクティブといいながら、インデックスとあまり変わらない銘柄の場合があります。このような場合は、高い信託報酬を払った分だけ損だということになります。また、ファンドの選び方とも関係するのですが、仕組みが複雑なものになるとリスクをとっている割には、リターンが期待できないものもあります。
よく、研究してから投資信託は買う必要があります。

出典ameblo.jp

投資信託のコストには、以下の3つがあります。

・販売手数料(0~3%)
・信託報酬(0~1%)
・解約手数料(0~1%)

これらの手数料が高いからといって、利益が出せる投資信託というわけではないので注意が必要です。


特に銀行などの窓口で言われたままに購入するのはやってはいけません!

1.販売手数料

販売手数料とは、購入時にかかるコストのことです。販売会社に支払われ、購入した年だけにかかるお金です。
販売手数料は、運用とは関係ないので、できるだけ安いほうがいいでしょう。
販売手数洋が、かからない投資信託を「ノーロード」と呼びます。
最近は,証券会社によっては,ノーロードの投資信託を多く扱う会社も増えています。せっかくなので上手に利用しましょう。

2.信託報酬

信託報酬とは、保有期間と保有額によって変わる手数料です。信託報酬は、販売会社・運用会社・信託銀行が受け取ります。一般的に、インデックスファンドは調査の手間が少ないので、アクティブファンドよりも信託報酬が安いです。

実は信託報酬は1パーセント以上のものもありますが、1パーセントを超えるものは投資信託としては高い手数料です。一見たいしたことないように見えますが、これが5年、10年と続くと差が出てくるものなので信託報酬は1パーセント以下のものがお勧めです。

3.解約手数料

解約手数料とは、解約時にかかる手数料のことです。
多く見られる方法は、投資信託の保有期間によって解約手数料が変わるタイプです。
保有期間が長いと、解約手数料が無料または安くなる傾向にあるようです。

投資信託の種類

◆運用方法による分類
アクティブファンド VS インデックスファンド

運用方法による分類です。アクティブファンドは積極的に運用を行います。一方、インデックスファンドは、指数に連動させるように運用されます。
投資信託の評価としては,アクティブファンドが指数よりもどれだけ上回るリターンを上げられるのかが問われる一方で,インデックスファンドは,指数と連動性が高いうんようがされているかを問われます。

◆購入方法による分類
単位型(ユニット型) VS 追加型(オープン型)

購入方法による分類です。単位型(ユニット型)は、募集期間にしか購入することができません。追加型(オープン型)は、原則自由に基準価格で購入できます。
一般的に,売られている投資信託は,追加型(オープン型)のものが多いようです。

1 2