1. まとめトップ

【最新】2018年タバコ値上げ後の値段(価格一覧)

メビウス等を販売するJT、マルボロ等を販売するフィリップモリス、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンの各タバコの価格まとめ。2018年10月には更に値上げされることが決まっている。詳細については随時更新します。

更新日: 2018年08月20日

116 お気に入り 3020769 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

AI-KODAMAさん

【2018年10月1日】たばこ税率の引き上げ

政府は2018年10月からのタバコ税率の引き上げを決定。今まで20本あたり228.48円だったタバコ税率を248.48円へと20円引き上げる。

※今回の決定は3回にわたる引き上げの第一段階で、2020年10月、2021年10月にも同様に20本あたり1円ずつ引き上げ、最終的には20本あたり60円(一本当たり3円)の増税となる。

(参考)厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000189327.pdf

【2018年10月】JTのタバコ価格改定

2018年10月のタバコ増税を受けて、JT(日本たばこ産業株式会社)は小売価格の値上げを決定。今回の値上げされたのは、紙巻タバコや葉巻タバコ、また加熱式タバコ「プルームテック」を含む150銘柄となる。

【代表的な紙巻タバコの改定価格】
・アメリカンスピリット 480円→520 円
・セブンスター 460円→500円
・ピース(20 本入)460円→500円
・メビウス 440円→480円
・ピアニッシモ 450円→480円
・ウィンストン 420円→450円
・ハイライト 420円→450円
・キャメル 380円→400円
・ホープ(10 本入) 230円→250円

【加熱式タバコ(プルームテック)】
・メビウス 460円→490円

(出典)JT(日本たばこ産業株式会社)
https://www.jti.co.jp/investors/library/press_releases/2018/pdf/20180814_J01.pdf

【2018年10月】フィリップモリスのタバコ価格改定

フィリップモリスジャパンは、紙巻たばこ製品全86銘柄の値上げについて、財務省に認可申請を行ったと発表した。これは今回のたばこ増税に伴うもの。10月1日に価格改定が行われた。

【代表的な紙巻タバコの改定価格】
・マールボロ 470円→520円
・ラーク 420円→470円
・パーラメント 450円→500円
・バージニアエス 450円→500円

【加熱式タバコ(アイコス)】
・全9銘柄 460円→500円

【2018年10月】ブリティッシュ・アメリカン・タバコの改定価格

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)もすでに紙巻タバコの値上げ済み。加熱式タバコも値上げされた。

【代表的な紙巻タバコの改定価格】
・ケント 420円→450円
・クール 450円→480円
・ラッキーストライク 460円→500円
・ポールモール 400円→440円
・ヴォーグ 420円→450円
・ダンヒル 460円→500円
・JPS 420円→460円

【加熱式タバコ(グロー)】
・420円だった物→460円
・450円だった物→490円

(出典)【ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン合同会社】
-たばこ税増税に伴う紙巻たばこ製品の小売定価改定の申請について
http://www.batj.com/group/sites/bat_7ybmf2.nsf/vwPagesWebLive/DO7YEGN6/$FILE/medMDB3T73K.pdf?openelement
-たばこ税増税に伴う加熱式たばこ製品の小売定価改定の申請について
http://www.batj.com/group/sites/bat_7ybmf2.nsf/vwPagesWebLive/DO7YEGN6/$FILE/medMDB498FW.pdf?openelement

【2018年4月】JT わかば、エコー等を40円値上げ

「わかば」「エコー」等 6 銘柄(いわゆる「旧3 級品」)を別紙の価格とする小売定価改定の認可申請について、本日、申請通りの認可を受けました。

・「メビウス」440円
・「セブンスター」460円
・「アメリカンスピリット」480円
・「ピース」460円
・「ピアニッシモ」460円
・「ウィンストンキャスター」420円
・「ウィンストンキャビン」420円
・「ホープ」230円
・「キャメル」380円~450円
・「ハイライト」420円
・「わかば」360円
・「エコー」350円
・「ゴールデンバット」330円

その他銘柄の詳細な値段はコチラのJTのサイトに記載されている。
https://www.jti.co.jp/tobacco/products/index.html

【2017年10月】 フィリップモリス マルボロ等を10円値上げ

フィリップ モリス ジャパン合同会社は、一部のフィリップ モリス社製たばこ製品の小売定価改定について、財務省より認可を受けましたので、お知らせいたします。小売価格の改定は、本年10月1日付で実施されます。

・「マールボロ」470円
・「ラーク」420円
・「バージニア・エス」450円
・「パーラメント」490円

その他フィリップモリスのタバコ銘柄の価格改定は、
コチラのフィリップモリス社サイト内資料の一覧表に記載されている。
https://www.pmi.com/resources/docs/default-source/japan-market/news/20170907_pmjプレスリリース_小売定価改定の認可.pdf?sfvrsn=26809bb5_6
https://www.pmi.com/resources/docs/default-source/japan-market/news/20160704pricechange.pdf?sfvrsn=894687b5_2

【2014年4月】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンも10~20円の値上げ

国内たばこ販売3位のブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BATJ、東京・港)は14日、4月の消費増税に伴う価格改定を財務省に申請した。主要銘柄を10円もしくは20円引き上げる。

・「ケント」420円
・「ラッキーストライク」460円
・「クール」450円
・「ダンヒル」460円
・「ヴォーグ」460円
・「カプリ」430円
・「JPS」420円
・「ポール・モール」400円

その他ブリティッシュアメリカンタバコ(BAT)の値上げ銘柄の価格は
コチラの財務省資料内の一覧表に記載されている。

これで国内販売大手3社すべての値上げが決定。

2010年10月1日のタバコ税増税以来の値上げとなる。

20円の値上げは便乗値上げ?

JTの主力製品「メビウス」を例にすると410円→430円の値上げは、値上げ率4.88%になる。これは消費税増税分の約2.86%を上回る値上げとなる。

このことについてJtの宮崎秀樹副社長は、「増税分を適正に価格へ転嫁するためのもの」と説明。10円単位の値上げにするのは、自動販売機に対応するためだという。

[出典 東洋経済ONLIN 2014/2/14]
http://toyokeizai.net/articles/-/30664

タバコの税率はどんどん上がっている

物価上昇率以上にタバコの値段は上昇している。

タバコの価格のうち約65%が税金

今までのタバコの平均価格の410円で計算すると、264.4円(64.5%)が税金ということになる。今回の消費税増税に伴うタバコの値上げでその比率はさらに上がることになる。

1 2