1. まとめトップ

舌下免疫療法とは【花粉症治療】【花粉症が治る!?】

新花粉症治療方法、舌下免疫療法が2014年春以降に保険適用となる予定です。費用や、治療方法、副作用、注意点などをまとめました。

更新日: 2015年02月13日

choco_cakeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 993 view
お気に入り追加

舌下免疫療法の治療法とは

舌下免疫療法の治療法は、花粉のエキス1ccを舌の下に落として2分間口を開けっ放しにします。

その後エキスをごくんと飲み込みます。

あえて花粉アレルギーを体の中に入れて、花粉の交代を作って免疫機能を高めようというもの

舌の下の部分に花粉エキスを投与します

保険適用後の費用は

副作用は

アナフィラキシーは非常に稀ではありますが、皆無ではないので、注意は必要

注意点は

鳥居薬品が開発しているエキス剤は、2~3年間の治療中はシーズン外も毎日投与する必要がある。途中でさぼってから再び投与すると口の中が腫れることもあるので、「体質改善2ヵ年計画」を自らに課すくらいの覚悟で、治療に臨みたい。

治療期間は

スギ花粉飛散時期以外で治療を開始します。少なくとも2年間毎日投与が可能であること、最初の1年間は2週間に1回、月に1回は通院可能であることが必要

11月までに来年の花粉対策として開始することが望ましい

1