1. まとめトップ

★ソチ五輪・日本代表10代の選手の「ある共通点」とは?

ソチ五輪、日本の10代が活躍していますね。彼らの「ある共通点」とは…?

更新日: 2014年02月18日

4 お気に入り 10004 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kosstyleさん

■フィギュア・羽生結弦は何度も何度もお辞儀をした

基本的にガッツポーズしないタイプなんですけど、日本のためにと思ったときはすごくうれしかったです。
僕だけのスケートじゃないので、本当に緊張しましたし、日本の国旗におじぎしたんですけど、日本のために全力を尽くせて良かったです。

後半は持ち直したものの、演技終了後はリンクにうずくまったまま。肩で息をしながら立ち上がると、吹っ切れたような笑みを浮かべ、観客に向かって何度もお辞儀をした。

■スキージャンプ・高梨沙羅は常に「感謝」を口にした

ソチ五輪に向けて、高梨沙羅選手は「感謝の気持ちを込めて、最高のジャンプをします」と一文字ずつしっかりと書いたメッセージをテレビを通して伝えている。

元女子スキージャンプ選手で、現ジャンプ女子日本代表コーチである山田いずみは、女子ジャンプをめぐる過去をこう振り返っている。今から20年前は「女子にジャンプは不可能」という偏見があり、アスリートとしての未来は簡単には描けなかった。
(中略)
女子ジャンプの先駆者たちは偏見と戦いながらも、ともに団結して女子ジャンプ界を盛り上げてきたのだ。それを知っているからこそ高梨沙羅は「先輩」への感謝をことあるごとに口にする。

■ハーフパイプ・平野歩夢(銀)・平岡卓(銅)はメダルを取っても超クール

TV「Going」にて、くりいむしちゅー上田のインタビューに対し
平野歩夢「嬉しかったけど、身体には出なかった」
平岡卓「僕もあまりはしゃがないタイプなので」

■そう、ソチ五輪・日本代表10代の選手は共通して「大人」だった

しかし羽生君といい沙羅ちゃんといいコメントが大人すぎる。これがさとり世代というやつか。

羽生選手のインタビューが素晴らしい。日本人としての礼儀、復興に対する思いなど感動!!人は年齢ではないなぁ~と本当に思う。大人だー。

羽生のコメントや高梨沙羅のコメント聞いてて感動した。日本の10代を今までは、「あーあ、こんな日本の若者が大人になって、日本を支えられるんか?」と思ってきたけど、日本の10代は、素晴らしい人間が山のようにたくさんいることに気づかされた。ありがとう日本の10代たちよ。

スノボ銀メダリスト歩夢君のインタビュー見てると、体操の内村航平君の若い頃を思い出すなあ。凄い二人。大人たちは彼らのことをクールだって言うけど、あの状態、見習うべきところ有り。力入りすぎよぉ、大人たちぃ(笑)昔の武士の中には、彼らの雰囲気を持ってた剣豪もいたような気がするんだなあ。

羽生結弦選手への金メダル授与見ました!若者らしくはしゃいだ無邪気な笑顔が印象的。お辞儀、国歌斉唱、メダル噛まずのピカ一な礼儀は健在。スノボ銀銅といい10代が素晴らしく落ち着いていて非常に清々しく心地よい。大人が彼らに学ぶべき(笑)

アイスホッケー女子は気に入らない。出場するからには身の程無視して頂点目指すぐらいな勢いで豪語するのは構わない。試合が始まり、負けが込み、終いには消化試合的になって更に負けて。心が折れたとの選手のコメント。でもそんなこと喋ることでは無いよ。別競技ながら沙羅選手はその辺が大人でした。

礼儀を持った大人の顔と、無邪気な少年の顔が混ざっているのがたまらなくステキなのだよね、羽生くんは!!

羽生選手って勝利の瞬間は顔が喜びでいっぱいでガッツポーズもするけど、その後のインタビューでは落ち着いていて大人顔負けのコメントするよね。きっと激情型知能タイプだ~~~(アッ殴らないで)

五輪のハイライト?みたいので高梨沙羅ちゃんの結果直後のインタビューやってたけど、まっすぐな目で実力不足とか語ってたけど、泣けてきたー!本人が一番悔しい辛い思いしてて泣きたいだろうに。。大人だなぁ( ◞´•௰•`)◞

羽生くんにしろ平野歩夢くんにしろ高梨沙羅ちゃんにしろ、インタビューでみんなへの感謝や謙虚で礼儀正しい姿勢を見せられるって、ご両親・コーチを始め、周りの大人がきちんと指導してるなーと拍手。

羽生にしても沙羅ちゃんにしても年近いのにすごくいろいろ考えてて大人で、自分のガキさが悲しくなる

高梨沙羅ちゃんは同い年なのにコメントがとても大人だからさすがだな…

平野歩夢と同い年なんだよね、同い年とは思えないぐらい大人っぽいよね←

1