皮膚がんの種類には表皮がんと悪性黒色腫(メラノーマ)の2種類があります

出典皮膚科/皮膚がんセンターのご案内 診療部・診療科のご案内 病院のご案内|社会医療法人厚生会 木沢記念病院 岐阜県 美濃加茂市

1.表皮がんは、がんのできる位置によって“基底細胞がん”と“有棘細胞がん”に分けられますが、いずれも高齢者に多く、進行が比較的ゆっくりで転移もしにくいことが特徴

2.悪性黒色腫は、その名の通り悪性度が高く、転移しやすい皮膚がん。悪性黒色腫を切除せずに放置すると、リンパ節に転移することが多く、さらには脳や肝臓などの重要な臓器にも転移が広がっていきます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「ほくろ」と「ガン」の簡単な見わけ方を知っていますか?

海外の医療ドラマ「Dr.HOUSE」を見ていて、「ほくろに見えるけど、ガンかも知れない」みたいなことを医師が言っていて、ちょっとビックリしたので自分なりに調べて、まとめました。

このまとめを見る