1. まとめトップ

マツダの救世主!デミオ(Demio DY-5W)についてと、人気パーツまとめ!

マツダの救世主でもあり一番の人気車種でもあるデミオ(Demio)。その歴史と人気の秘密をまとめます。貴重な純正パーツなどもご紹介します。ディーラーや板金屋の方も、整備用に準備してはいかが?

更新日: 2014年07月17日

4 お気に入り 55230 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

DoWarさん

マツダの救世主!デミオをご存知ですか??

初代デミオ発売時のマツダは、バブル景気下で開始された多チャネル化戦略の大失敗で、経営難に陥っていた。

上級車や軽自動車からもユーザーが移行するなど、市場における幅広い層の支持を得た。自動車ジャーナリストにも好意的に受け止められ、日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞、およびRJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。マツダはこの初代デミオのヒットによって経営危機を危うく脱し、デミオは「マツダの救世主」、もしくは「(1990年代における)マツダのカンフル剤」とも評された。

初代デミオはマツダの救世主だったんですね!
今でもたまに街中を走っているのをみますね!

コンパクトカーの革命児でもあり、長年の人気車種!2代目、3代目も大人気!!

アメリカンなマツダから
現在のヨーロッパスタイルへと変更された記念的なモデル!
ベースは今でもベリーサで使われるほど
長く愛されている車!
コンパクトカーとは思えないぐらい、非常に高い質感の車。
【パーツも豊富】
http://demio.saleshop.jp

現在のデミオ。マツダの次世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」が投入されて、燃費も大幅に向上!

ついに4代目デミオの画像もアップされました!
※まだ市販前です。

▼ こちらはモーターショーのもの ▼

「ジュネーブモーターショー」*1において、次世代コンパクトカーのコンセプトモデル『マツダ跳(HAZUMI)』を世界初公開。
「SKYACTIV(スカイアクティブ)」技術、デザインテーマ「魂動(こどう)」、安全思想「マツダ・プロアクティブ・セーフティ」、新世代カーコネクティビティシステム「マツダコネクト」*2に基づき、これらを妥協することなく反映させたコンセプトモデル

インパネもカッコいいですね☆

2代目デミオでは、大人2名でサーフボード(180cm)を積んでも運転席と助手席に座れる広さ!!

コメントでは「9’のロングボードが多少の余裕を残して積めちゃった。」とのこと。
9フィートのサーフィン用のロングボードが乗るんです。

コンパクトカーでこの広さは異常。。

私も7フィートぐらいのボードをもっていますが
助手席と運転席に座りながら室内に積むことが可能です。

メーターの質感も高い!!

2代目デミオの後期スポルトは、ブラックアウトメーター!本当にキレイです。

市場での台数も多く、中古車としても人気!! 純正パーツは不足!!

免許取り立てで初めて車を買う人でも
サイズ的にも質感的も最高にちょうどいい!
ただ、板金屋やディーラーが使うパーツが不足している現状も。。

板金屋必見! デミオの新品パーツはまだまだ存在してる!

1