1. まとめトップ

EXILE、ケミストリー ASAYANオーディション時代の貴重映像まとめ

今や全国区の人気を誇るEXILE、ケミストリー。全ては人気オーディション番組「ASAYAN」から始まったと言っても過言ではありません。当時の貴重な歌声披露の映像を集めてみました!

更新日: 2014年05月29日

11 お気に入り 139612 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kaz511132さん

ASAYAN ボーカリストオーディション最終候補者5名

ケミストリーを輩出したASAYANボーカリストオーディション。
2000年に開始し参加者総数は1万1千6百人。

厳密にはATSUSHIが落選となり、4名で最終選考を迎えましたが、
大きな選考過程だったTSUSHI含む5名で抜粋しています。

佐藤篤(当時20歳 専門学生 埼玉県出身)

ミュージックの専門学校出身で既にボーカリストとしての技術を磨いており、歌のうまさはNo1と言われていた。R&Bに対する強い探求心を持つ。


現EXILE ATSUSHI

川畑要(当時21歳 フリーター 東京都出身)

パワフルボイスとチリメンビブラートが特徴的。

オーディション、ライブ経験、ボーカリストとしての経験は一切なし。
カラオケのみで勝ち上がった。

現ケミストリー

堂珍嘉邦(当時21歳 フリーター 広島県出身)

メジャー感のあるキレイな声、ルックス、ボイスコントロールバランスなど即戦力として総合的にトップの評価を受けていた。

現ケミストリー

藤岡正明(当時17歳 高校生 東京都出身)
現ミュージシャン、俳優

アコースティックジャンルに探求心を持ち、パワー・テクニックの安定感が抜群。

プロ歌手を目指すことに対しストイックな面あり。

出典ameblo.jp

ネスミス竜太カリム(当時16歳 フリーター 熊本県出身)
現EXILE NESMITH

ロックテイストの歌声とパワー定評あり。

番外編

Chemistry誕生後、デビュー曲”Pieces of a dream"初披露映像

EXILE ”本当のデビュー曲” Your eyes only 英語版
デビュー曲として正式リリースされた日本語版の前に、
実は広末涼子と竹野内豊のドラマ「できちゃった結婚」の
挿入歌として流れており密かな話題となりました。

オーディションでは惜しくも敗れてしまいましたが、後に日本を代表するボーカリストになる
ATSUSHIのプロ歌手としての初の船出曲です。

1