【パソコンの場合】

パソコンのソフトに、日付、勘定科目、取引金額を入力します。
その他に「摘要」とういう欄があります。これは取引の簡単な説明を入れるためのもの。
しかし、この作業がけっこう手間がかかってしまいます。
もちろん全部の取引に摘要を入れるのが基本ですが、事業規模(売上がおおむね3千万円)が大きくなければ、基準を決めて、例えば3万円以上の金額に関して「摘要」に書き込むといった基準を設けるのもよいでしょう。
実際の「摘要」に入れる言葉は、「飲食代」「パソコン代」など、簡潔なものでOKです。

参考 http://www.goshima-money.net/chiebukuro/company/510.html

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

”帳簿”の付け方ってどうすればいいの?という人の為のまとめ

個人の理解のためにまとめたものです。足りない情報、もっとこうした方がいいんじゃない?などあるかもしれませんが、その点はご了承ください。足りない情報は更新していきます。

このまとめを見る