1. まとめトップ

【これは異次元世界】 トリニティカレッジ図書館がとてつもなくスゴイ!

ダブリン大学トリニティ・カレッジは、アイルランド共和国の首都ダブリンにあるアイルランド最古の国立大学です。400年以上の歴史と伝統があり創立は1592年、創設者は英国イングランドの女王エリザベス1世であす。その大学図書館は、類例のない荘厳さです。

更新日: 2014年02月17日

12 お気に入り 26586 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

数百年にわたる知が凝縮した濃密な知的空間

アイルランド最古の図書館、リニティカレッジの図書館はとにかく圧巻。


ダブリン大学トリニティ・カレッジは、アイルランド共和国の首都ダブリンにあるアイルランド最古の国立大学です。400年以上の歴史と伝統があり創立は1592年、創設者は英国イングランドの女王エリザベス1世であす。その大学図書館は、類例のない荘厳さです。

アイルランドのトリニティ・カレッジ図書館は、すごい。ほんとうに、すごい。しばらく、息が止まりました。

これはもうハリーポッターの世界。ここの本を読めば魔法が使えるようになるかもしれません。(実際にこの写真に写っている書物は、16世紀に作られた、オランダのチューリップのカタログとのことです。)

こんな図書館があったなら、そこで学ぶ子供たちは、図書館のたたずまいから、宗教的な感性を養われ、図書館のたたずまいから、観照的な生活における幸福感が味わえて、なんともステキです。

図書館の目玉は「ケルズの書」。

ケルズの書とはラテン語で書かれた福音書の装飾写本で、世界で最も美しい本と言われています。

ケルズの書は、185頭の牛の皮から出来ているらしく、その素晴らしい装飾で人々を魅了し、1849年にこの本を見たヴィクトリア女王は、あろうことか自分の署名をこの本に残したんだそうです。(白線で囲われた部分にサインが残されている。)

トリニティカレッジ図書館は見学可能です。30分ほどのツアーで10ユーロ。ケルズの書も見学可能でおすすめです。

観光情報はいかからどうぞ

1