1. まとめトップ

いざという時に必要になるかもしれない。お墓選びのまとめ

普段は気にすることがないから、いざという時に困ってしまうことの一つ。お墓選びについての基本的な情報をまとめました。お墓は先々受け継がれていく大切なモノだから、じっくりと時間をかけて理想のお墓を選びましょう。

更新日: 2014年02月17日

13 お気に入り 323 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sore214ewさん

■お墓選びとは

お墓選びはお墓を探して石材屋と契約して、管理しているお寺に毎年管理費を納めます。また、お墓は受け継がれて行くものだから先祖を大切にしたいと思えるような環境を整えることが大切です。そのためにも、家族や親戚だけではく住職と話を交わして、そのお寺がどういう特徴があるのかを理解した上で、先々の受け継ぐ人が困らないようなお墓を選びましょう。
http://www.reien-tokyo.com/

お墓選びと住宅選びは似ています。代々受け継がれて行くことを考えて、時間をかけて話し合うことが重要です。

■立地条件

お墓を購入した後、お参りすることが大切です。交通機関や車を使用した場合などを考量しながら選びましょう。また、自然や海が見えるなどの周辺の環境のことを考えるのも大切です。環境の良いお墓はそれだけでも、魅力的に見えます。
http://www.konzouji.jp/

健康な時は気にならなくても、足腰が弱ってきたり、車が乗れなくなったりした場合、お墓参りが大きな負担になります。そのことも考えておきましょう。

■宗旨・宗派

お墓によっては宗旨・宗派が限定される場合があります。今属している宗旨・宗派は何かを把握しておく必要があります。そして、継承する場合は先々のことを考えることが大切です。
http://www.e-butsuji.jp/butsuji6-1.html

寺院墓地のお墓を求める場合は檀家になることが条件となりますので、檀家になることを理解すことが大切です。

■価格

お墓の価格や費用は一番気になる部分であると思われます。予算や価格帯系や支払いを含めてきちんと把握しましょう。

※新しくお墓を建てるときには、「永代使用料」+「墓石代・工事費」+「管理料」が必要です。合計で約250万円が相場といわれています。
http://www.hasegawa.jp/memorial/

その他として彫刻費や、法要(開眼・納骨・年忌)に際しての諸経費も考えておきましょう。

■ 設備

お墓にとって設備は様々ですので、必ずしも豪華な設備が備わってなくともいいので、基本的に必要な設備が備わっているお墓を選びましょう。

・バリアフリー対応のお墓
・売店
・水道施設
・休憩場
・送迎バス
・駐車場
https://www.tokyo-park.or.jp/reien/park/index077.html

夏の日照り、冬の降雪、雨風など時の推移によって周りの自然環境と一緒に溶け込んでいくものでもあります。あまり神経質になり過ぎないことも大事です。

■管理・整備状況

お墓の購入後は、お寺と長いお付き合いなりますので、お墓の整備状況をきちんと確認しましょう。

・清掃状況
・墓参り用具
・植込みや芝の手入れ
・お寺の対応
http://allabout.co.jp/gm/gc/67398/

管理費を納めていたとしても管理体制がおざなりであれば、せっかくのお墓も荒れてしまいます。ですので、定期的にチェックしましょう。

1