1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

ベタ踏み坂より急勾配!日本最強の坂道308号「暗峠」がすごい!

ダイハツのCMで江島大橋、通称「べた踏み坂」が話題になりおましたが、その坂より、さらに急勾配の日本最強の坂道「暗峠」がいろいろとすごいです。

更新日: 2016年07月28日

chat01574さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
566 お気に入り 752842 view
お気に入り追加

■ ダイハツのCMで登場した「べた踏み坂」

鳥取、島根両県境をまたぐ江島(えしま)大橋で、CMをきっかけに写真撮影の名所になりました。

江島大橋は全長1446メートル。5千トン級の船が下を通れるよう最上部は高さ約45メートルに達し、CMで車が走る松江市側は勾配が6・1%ある。

しかし、日本にはもっと過酷な坂がある

■  ”酷道”と皮肉られるほどの急勾配「暗峠」

大阪府と奈良県の境にある生駒山。山頂近くの暗(くらがり)峠を越える国道308号は、国道ながら勾配が急で道幅も狭いことから“酷道”と皮肉られる。

■ 「暗峠」とは、どんなところなのか?

大阪と奈良を結ぶ最短ルートとして使われてきた街道。奈良県と大阪府の県境に位置する生駒山を越える峠道なのですが……その急な傾斜と、狭い道幅。そして荒れた路面は日本最高ランクの「酷道」として有名

テレビ番組でも取り上げられ、地元はもとより全国の坂道ファンの間でも有名な激坂として知られている。

Wikipediaの国道308号線の記事には『暗峠攻略法(注意事項)』が掲載される始末で、この道が生半可な物ではない事をうかがい知らされる。

■ 慣れないものが走行すると横転する!

峠に続く国道308号線大阪側の最急勾配37%の場所。

大阪側ではきつい所で37%の急勾配がS字カーブになっており、慣れないものが走行すると登りきることができず立ち往生する。

ここを越えようとした自動車は、最大43%とも言われる傾斜で登坂不能になりオーバーヒート。自転車も人もライダーも色々壊れる。

大阪側へと下ってゆくのですが……勾配が……勾配が……。明らかに奈良県側よりも傾斜が急なのですよ……もうギアは完全に1速で固定。アクセルなんて全く踏まない、いや踏めない……!

恐らくここが、最大の難関だと思う。道路に、あまりにも生々しく刻まれたブラックマーク。勾配が急すぎてトラクションがかからないんだね……。それだけでなく、カーブのRも、ものすごいキツくて、教習所のクランクやS字よりもよっぽど辛い。

運転が慣れない方、又は自信がない方は『自主通行止め』を推奨します。

■ こんな大変な道ですが「国道」です。

2.3メートルまで狭まる。とても国道とは思えない道幅だが、住宅街には「国道308号」を示す標識がある。

狭くて激坂ですが国道です。全然国道らしくないですが国道です。国道としておかしい。

ただ、運転初心者は絶対に走破しようとしないこと!!国道だと安心して行くと、絶対に泣きを見る・・・。

■ ハイキングやサイクリングコースとしても有名!

峠には石畳の道が残り、ハイキングコースとなっている。

標高は455mほどであまり高くはありませんが、坂の傾斜が想像を絶するほど急で険しく、歴史的にも難所として有名なため、自転車乗りの聖地とも言われています。

1 2





chat01574さん