道具を多く使う競技、特にジャンプは用具も身体の一部と思わなければならない。 それは選手個人だけでは限度があり、強敵諸国のように国単位でどん欲に開発や試行錯誤をしなければ技術があっても勝機が薄れる。 用具の善し悪しで大げさではなくラージで20mは違うであろう。これがジャンプ。

返信 リツイート いいね

竹内択は自身のTwitter上でこう明かしている。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

メダルを獲得したジャンプ団体4人の舞台裏が泣ける

長野オリンピック男子団体(清水礼留飛、竹内択、伊東大貴、葛西紀明)で銅メダルを獲得した日本。その4人の舞台裏にスポットを当ててみました。

このまとめを見る