1. まとめトップ

LANケーブルを変えるだけでネットが10倍速くなる!LANケーブルの種類と通信速度比較!!

LANケーブルをアップグレードするだけで自宅のインターネットが速くなる!古いケーブルは買い替えてあげましょう。LANケーブルの種類と解説。おすすめはこれだ!

更新日: 2014年02月18日

SANDRAさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
274 お気に入り 381534 view
お気に入り追加

ケーブルの刻印を確認してみよう!

まずお使いのケーブルの両端近くのこんな文字を探してください!

現行カテゴリは4種

最速は「カテゴリ7」で通信速度は10Gbps。
上記「カテゴリ5e」なら通信速度は1Gbps。

今「5e」なら百均でも手に入れることができますが、さほど価格も変わらないので手を出さないほうが良いです。

通信速度: 10Gbps
伝送帯域: 600MHz
備考  : 10Gbイーサネット「10GBASE-T」に対応している。現状割高。これを導入してもいいがオーバースペックとなり一般向けではない。

通信速度: 10Gbps
伝送帯域: 500MHz
備考  : 10Gbイーサネット「10GBASE-T」に対応している。現状これが一番コスパがいい!

通信速度: 1Gbps
伝送帯域: 250MHz
備考  : 1Gbイーサネット「1000BASE-T」に対応している。これを使っているなら急いで「カテゴリ7」や「カテゴリ6A」にアップグレードする必要はない。※無論、余裕のある人は別ですが・・・。

通信速度: 1Gbps
伝送帯域: 100MHz
備考  : 1Gbイーサネット「1000BASE-T」に対応している。これは買い替えましょう!もし光回線を引いているならスペックが足りていません。せめて「カテゴリ6A」にしましょう!目に見えて速度アップが感じられます!

おすすめのケーブルタイプ

ケーブルの物理的な種類です。
・スタンダードタイプ :太くて硬いので取り回しが面倒。
・巻取りタイプ    :持ち運びに便利だが耐久性が著しく悪い。
・スリムタイプ    :ケーブルの幅が細いタイプ。
・フラットタイプ   :文字通り平なケーブル。

フラットタイプがおすすめ!

同じスペックならスタンダードタイプが最安の場合が多いですが、
フラットタイプなら取り回しもラクで、扉の隙間を通しても扉が閉まる。保管もコンパクトです。

しかも、割りと安いのがある!

カラーケーブルの利点

PC周りがケーブルだらけになるとどれがどの線か分かりづらくなります。

一般的に、LANケーブルには白や青が多く使われていますが、
"まず「黒いLANケーブル」はやめておきましょう"
※インテリアの観点からそれが良いという方は別です。

外付けHDDなどUSB機器や電源など、黒いケーブルがたくさん使われているので、LANケーブルは違う色にしたほうが無難です。
また、最近ではApple製品などを始め白いケーブルも増えてきています。これもまた避けたほうが良いでしょう。

ケーブルは「白と黒」は避ける!

では、他にどんな色があるのか・・・

青、緑、オレンジ、赤・・・いっぱいあります。

好みではありますが、あまりケーブル類に使われていない色を選びましょう!

結論!!

「カテゴリ6A」の「フラットタイプ」で「カラーケーブル」が良い!

1





SANDRAさん

このまとめに参加する