1. まとめトップ
  2. 雑学

今更聞けない... 夏季オリンピックと冬季オリンピックの違いとは?

「4年に1度のスポーツの祭典」と言われるオリンピックですが、実際は4年内に夏季と冬季の2度おこなわれています。いったい「夏季」と「冬季」の五輪は何が違うのか、まとめてみました

更新日: 2014年02月23日

102 お気に入り 223811 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiraoka_meさん

オリンピックは冬季と夏季の2種類がある...

冬季オリンピックより夏季オリンピックの方が好きですボソッ

夏季 冬季ってあるとオリンピックは4年に一度という感覚がなくなる(´ー`)

この「冬季」と「夏季」の違いはいったい何だろう??

スポーツの祭典・オリンピックは、実質4年に2度見れる

国際オリンピック委員会(英: IOC)が開催する世界的なスポーツ大会。夏季大会と冬季大会の各大会が4年に1度、2年ずらして開催されるので、2年に1度開催されることに成る。

夏季に開催されるスポーツの祭典「オリンピック競技大会」

画像は、夏季オリンピックの開催地を示した世界地図。青色は2回以上開催された国を示す

世界最大の国際スポーツ競技大会。世界の友好と親善および青少年教育の推進などを目的とする。シンボルにちなんで、「五輪」ともいう。また、「古代オリンピック」に対して「近代オリンピック」ともいう。

古代オリンピックではスポーツ競技以外にも、音楽や詩・戦車競走などもあったらしい。。

近代オリンピックのうち夏期に行われるもので、4年に1度、4で割り切れる西暦年に開催される。

夏季は都市部での開催がほとんど、開催国は比較的先進国であり、多くの経済効果も見込める

冬季競技の祭典は「オリンピック冬季競技大会」

冬季オリンピックは今まで、降雪がある北半球でしか開催されていない

近代オリンピックで、夏季に対し、スキー、バイアスロン、スケート、アイスホッケー、ボブスレー、リュージュ、カーリング、の冬季7競技が行われるオリンピック競技会。

冬季大会の性質上、夏季と比べ大都市での開催は少ない前例がある

第16回までは夏季オリンピックと同年開催。第17回から夏季オリンピックの中間年に開催されるようになった。

規模は夏季オリンピックの方が、遥かに大きい

夏季オリンピックには26競技36種別、冬季オリンピックには7競技15種別が含まれる。

明確には夏季に26競技・302種目(2020年大会では25競技)。冬季は7競技98種目がある。

夏と冬のオリンピックには明らかな格差が存在する。おそらく視聴率は夏季の方が高いであろうし、冬季の振興を図るために夏季冬季の同一年実施を2年ごとにしたのはよく知られていることである。

競技数がアンバランスな為、夏季オリンピックの一部の室内競技を冬季に移すべきだという声も出ている

国にもたらす経済効果も、夏季・冬季では大きく違う

冬季大会と夏季大会の如実な違いは、夏季大会ほどの経済効果が冬季大会には望めない、大会後の施設の有効利用がむずかしいなどの問題がある点だ。

スキー滑降やクロスカントリーなど山間部で行われる競技コースの活用方や維持管理も大変なものである

1964年の東京オリンピックで整備された、国立競技場や駒沢競技場をはじめ、首都高速、オリンピック道路などは、40年以上を経ても未だ東京の骨格となるインフラとして機能している

その他、都市部開催が主となる夏季オリンピックの場合、冬季開催に比べ、開催中の人々の消費行動が高い。

冬季オリンピック開催は、東京では不可能

夏季オリンピックでは平地のみで山は必要ありませんので大都市での開催が可能ですが冬季オリンピックには雪と山が必要なので多くは内陸部、山間部に近い都市が候補地になります。

冬季オリンピック開催の条件としては、まず『雪が降る気候』が必要である。当然、東京では雪の量が少ないため、開催できない。

日本国内では、積雪地であり大都市な札幌などが冬季オリンピック開催に適している

日本では、夏季オリンピックが圧倒的人気

1 2