1. まとめトップ

世界最大級のプレファブ工法,シドニーオペラハウスを作ってみた!

シドニーのシンボルとも言えるシドニーオペラハウスは、建設に14年も費やしている。設計者であるヨーン・ウツソンは当時無名の38歳で設計競技に勝利。しかし建設途中で政府と衝突し設計者の地位を辞任する。波乱に満ち、謎の多いシドニーオペラハウス、その作り方をまとめてみました。

更新日: 2019年01月02日

19 お気に入り 26878 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ISSHINさん

シドニーオペラハウスの構造と施工方法が一目で理解できるよう150分の1模型を作りました。

画像:制作&撮影/木村一心【修士論文】シドニーオペラハウスの構法の解読〜コンピューター解析と模型制作を通して〜

画像:制作&撮影/木村一心【修士論文】シドニーオペラハウスの構法の解読〜コンピューター解析と模型制作を通して〜

シェルの形に6年間悩む...

シェルの形は発明的!

ウツソンは興奮して自宅へ掛け戻ると、子供たちの赤いビーチボールを取り出し、浴槽に水を張って半分沈めてみた。

出典シドニーオペラハウスの光と影 天才建築家ウツソンの軌跡

当時のビーチボールはゴム製なので、濡れた部分の色が変わる。いろいろな角度で沈めてみると、球面から切り出せる形が乾いた部分として残り、視覚的によくわかる。

大きいの、小さいの、突き立ったの、平らなの。シェルの形は、すべて単一の球面から切り出せるのだ。ついに解決策が見つかった!

出典シドニーオペラハウスの光と影 天才建築家ウツソンの軌跡

画像:【修士論文】シドニーオペラハウスの構法の解読〜コンピューター解析と模型制作を通して〜

構造的に実はシェルとは呼ばない。

画像:【修士論文】シドニーオペラハウスの構法の解読〜コンピューター解析と模型制作を通して〜

画像:【修士論文】シドニーオペラハウスの構法の解読〜コンピューター解析と模型制作を通して〜

裏側にはリブが付いている!?

歴史的な経過から「シェル」と呼ばれているが、実は多数のリブの集合体

出典シドニーオペラハウスの光と影 天才建築家ウツソンの軌跡

画像:【修士論文】シドニーオペラハウスの構法の解読〜コンピューター解析と模型制作を通して〜

出典:【修士論文】シドニーオペラハウスの構法の解読〜コンピューター解析と模型制作を通して〜

部材数が尋常でない。。。

出典:【修士論文】シドニーオペラハウスの構法の解読〜コンピューター解析と模型制作を通して〜

出典:【修士論文】シドニーオペラハウスの構法の解読〜コンピューター解析と模型制作を通して〜

出典:【修士論文】シドニーオペラハウスの構法の解読〜コンピューター解析と模型制作を通して〜

大部分がプレファブ!

画像:【修士論文】シドニーオペラハウスの構法の解読〜コンピューター解析と模型制作を通して〜

出典:シドニーオペラハウスの光と影 天才建築家ウツソンの軌跡

画像出典:Utzon / Inspiration, Vision, Architecture

仕上げにタイルも貼る。

画像:【修士論文】シドニーオペラハウスの構法の解読〜コンピューター解析と模型制作を通して〜

画像:【修士論文】シドニーオペラハウスの構法の解読〜コンピューター解析と模型制作を通して〜

1 2