1. まとめトップ

【マスクメイク】喉が痛い時にも使えるマスク美人になる3つのポイント

伊達マスク、風邪、PM2.5、花粉症、インフルエンザなどマスクが大活躍。だけどもっと可愛く個性的にしたい時やノメークで過ごしたい時のメークポイント。

更新日: 2015年07月08日

5 お気に入り 8148 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

se_bianさん

~ポイント1.”可愛く見せる為のマスク選び”~

マスクは少し大きめの物を選ぶ

マスクを少し大きめの物を選ぶと、顔の輪郭が隠れる。また、ヘアースタイルなどにボリュームを持たせると目の位置が下がり、可愛く見える効果や紫外線からお肌を守る効果も。

プリントなどの柄入りで個性を

プリント入りなどのマスクは少し上級者。上手く使えば個性が出て可愛く見える。
ただ、洋服のコーデも考えないと、うるさくなったりセンスが悪く見える場合も有るので注意しましょう。個性を出したければ最初は無地の色付きを試すのがお勧め。

~ポイント2.”メークは目元を中心に”~

”マスクをすると目立つのは目元だけです。”

気を使いたい眉毛とまつ毛

口元は隠れるし、大きめのマスクをすればお肌も隠れるので、リップやファンデーションは必要なし。でも、目元は出るので少し気を使ましょう。
特に眉とまつ毛は重要です。

<化粧の盛り方の優先順位>
1.眉が薄い場合はきちんと書く。
  眉を少し濃いめにきりっと仕上げると全体がしまった印象に。
2.ビューラーでまつ毛を上げる。
3.アイライナー
4.つけまつ毛、アイシャドー、マスカラ、チークはお好みで。
  どうしてもファンデをつけたい人は落ちにくいクリームタイプがお勧め。

※馴染みやすいナチュラルメイクを目指しましょう。
1~4まで全部やる必要はありません。個人差や好みがあるので様子をみながらアレンジを。

目じりのアイライナーは短めに

アイライナーを書く場合は短めが今年は良いそうです。

<美しい眉毛の作り方>
ポイント
・眉頭は小鼻の真上で、高さ位置を左右揃える。
・眉山(眉の一番高い所)は、黒目と目尻の間の位置に。
・眉尻(眉の終わり)は小鼻と目尻の延長線上にする。

”目指すはナチュラルメイク”

ナチュラルメイクを目指せば、湿気でドロドロも避けられます。

マスクメイクのドロドロ防止方法

目元が明るく見えるアイシャドウを選ぶ

濃い色は避けてナチュラルなピンクやベージュを

”盛りたい人に”

盛りたい人は、チークやファンデ、シャドーなどにピンクを少し入れると女子力がアップするのでお勧めです。

~ポイント3.”あると良い小物”~

”大きめの眼鏡やサングラス”

大きめの眼鏡やサングラスは目元を覆ってくれるので、ノーメークを誤魔化しやすい。サングラスは洋服を決めすぎるとやり過ぎになるので注意しましょう。また花粉症にも有効です。

”帽子”

帽子を被る事でボサボサヘアーを誤魔化せる。また、深めに被ればノーメークを隠す事も出来るのでオススメ。

~目元の”軽盛り”画像~

アイラインとマスカラだけでシンプルに

軽めピンク系シャドーをのせて女子力UP

1 2