1. まとめトップ

中国分裂の引き金!?中国政府も止めれない瀋陽軍区

今後の中国の行方については諸説ありますが、その中でも多いのが内部分裂説。その一番の要因になっているのが、中国最強の部隊・瀋陽軍区です。なぜ身内が中国分裂の引き金になるのか瀋陽軍区の正体に迫ります。

更新日: 2014年02月26日

13 お気に入り 82310 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Nanjingさん

1.瀋陽軍区とは

陽軍区は中国人民解放軍の七大軍区のひとつ。
北三省の遼寧省軍区、吉林省軍区、黒竜江省軍区、内モンゴル自治区東部の東四盟地域と旅大警備区を管轄する。

北朝鮮とロシアに接する瀋陽軍区には1億8000万人住み、長い国境線を警備するため解放軍の主力戦闘部隊の大部分が配備されている最強最大の軍区であるのだ。

2.北朝鮮を支配している

瀋陽軍区は金正日政権以来、北朝鮮を軍事的、政治的、経済的に援助してきていて、 北朝鮮は北京政府ではなく瀋陽軍区のコントロール下に置かれている。

中国のレアメタルには、上海から輸出されるものと、大連から輸出されるものはあるのだけれど、このうち大連からのレアメタルは、北朝鮮産のレアメタルだと言われている。

北朝鮮の地下資源の採掘権は細分化されており、それらが賄賂として瀋陽軍区に送られた結果、今では、北朝鮮産レアメタルのかなりの部分が瀋陽軍区の幹部家族や関係者のものになっているという。

北朝鮮がしばしば行なう軍事パレードで登場する、ミサイルや戦車などのほとんどは瀋陽軍区からのレンタルだとも言われている。

3.実質、核ミサイルを保有している軍隊

北朝鮮が準備している核実験も、瀋陽軍区の幹部が指導して進めている。北朝鮮が核兵器を持つならば、それは実態としては瀋陽軍区の核保有である。

そう言う訳で「北京」が北朝鮮の核開発を「懸念」している事に反して張又侠さんは北を支援しながら北の開発する「核兵器」をなんと「対北京」の切り札として「私物化」したいらしいんですね!

4.中央政府はコントロールできていない

5.分裂のシナリオ

北朝鮮の核実験に対して、中国は武力制裁を指示した時に、瀋陽軍区は反旗をひるがえし、中国は七軍区にバラバラになるという予測です。

朝鮮半島が北朝鮮によって統一されれば、金正恩は次に「高麗連邦」の樹立を目指すでしょう。北朝鮮、韓国、そして中国の瀋陽軍区という三地域による連邦です。これが事実上の「ネオ満州国」となります。

1