1. まとめトップ

かつて、パレスチナ人の国だった現在のパレスチナ。いまでは彼らは、ガザ地区とヨルダン川西岸地区とよばれる狭い地域に隔離されて居住している。

地下まで伸びるその壁は、はるか長くそびえ立つ。

「和平合意」の後に作られた現実
落書きは何を訴えているのか?

ガザ地区は、報道では「パレスチナ自治区」などと表現されることもありますが、ヨルダン川西岸地区同様、実際は 1967年以降イスラエルの軍事占領下にあり、常にイスラエル軍が支配し弾圧を続けてきました。イスラエルは、人々に対する武力による直接的な攻撃はもとより、家屋破壊、農地破壊、道路封鎖、学校への攻撃や封鎖による教育システムの破壊、水道や電気などインフラの破壊、移動の自由の剥奪、経済封鎖、土地の収奪、入植地の建設、水資源の略奪、「行政拘束」という名の罪状無しの拉致監禁とそれにともなう拷問など、数限りない犯罪行為を行っています。

かつて、東西ドイツを隔てたベルリンの壁があった。ここパレスチナの壁もまた、人々に悲しみを与えている。

関連するまとめ

1 2





このまとめに参加する