1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

スマホがもっとサクサクに!新技術開発で災害時の活用にも期待

スマートフォンなどの利用者が同じエリアで一斉に通信を行った場合でも、回線網の混雑を避けることができる新しい技術がアメリカで開発されました。災害時の活用が期待されているほか、携帯端末で高画質な動画を視聴する流れが加速するのではないかとして注目を集めています。

更新日: 2014年02月20日

mizu_tamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
18 お気に入り 6166 view
お気に入り追加

スマホ通信混雑解消の新技術を開発

同じエリアで一斉に通信を行った場合でも、回線網の混雑を避けることができる新しい技術がアメリカで開発された

今日、携帯ネットワークの混雑を解消するpCellという新技術が発表され、シリコンバレーが興奮に包まれています。

▷新技術「pCell」

アメリカの著名な発明家でIT企業の経営者スティーブ・パールマン氏が19日、発表した。

これまでの携帯・スマホ通信は…

そのため一斉に通信を行った場合は、電波を発信する基地局の処理能力に余裕がなくなり、通話やインターネットへの接続が難しい。

新技術「pCell」とは

既存の携帯電話網のラジオ・シグナルを使って「自分専用」のセル(cell)を合成(synthesize)する

pCellの「p」は、パーソナルのpを指す。

pCellは他のユーザーとシェアされないので狭い場所で何人ものスマホ・ユーザーが同時に動画を視る場合でもスピードが劣化しません。

高速で走る列車で動画を視る時感じるような、セルとセルの間でのシグナルの途切れなどがない。

このpCellを実現するための設置型アンテナ、pWaveは、アウトドア、室内など、どこにでも設置できます。

災害時の活用に期待

このたびの関東の大雪では、電話ボックスを使うことさえできない状況もありました。

災害時の活用が期待されているほか、携帯端末で高画質な動画を視聴する流れが加速するのではないかとして注目を集めています。

高画質な動画を視聴する流れが加速するのではないかという見方もあり、アメリカの主要メディアはこの技術を大きく取り上げている。

開発者、スティーブ・パールマンとは

米国の起業家・発明家。マルチメディア・コミュニケーションのテクノロジー分野で80を超える特許を取得している。出身はコロンビア大学。

パールマンはカタパルト・エンターテインメント社の共同設立者として同社のCTOをつとめた。カタパルト社はセガサターンと任天堂のスーパーNES専用モデム『XBAND』を開発し、オンラインゲームによるコンシューマーの対戦サービスを可能にした。

2007年、リアーデン社はOnLive社を設立。2009年、OnLiveオンデマンドゲームサービスとTV受像機用MicroConsoleアダプターを発表。パールマンが社長兼CEOに就任した。


(wikipediaより引用)

「どこにいても携帯端末の高い性能を保つことができるようになり、携帯端末の利用に革新をもたらすものだ」

今回の発明に関して、パールマン氏はこう話した。

1





mizu_tamaさん

猫になり~た~い~♪

/ス\