1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

世界を繋ぐ。現実化する「アウターネット」って知ってる??

72億人が住む地球上で、インターネットが使える人々はたったの20億人。「ネットを全人類に」立ち上がるGoogleやFacebook。「アウターネット構想」とも呼ばれ始めているこの取り組みをご紹介します

更新日: 2014年02月25日

hiraoka_meさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
131 お気に入り 28338 view
お気に入り追加

今、「アウターネット」が現実味を帯びてきています

アウターネット、考えたことあったけど実際にやろうとしてる人がいるとは。

インターネットのインターって何に対するインター何でしょう。インターネットに対するアウターネットとは何なんでしょう。 私、気になります!

「アウターネット」っていったい何だ??

「アウターネット」は、別名「エクストラネット」という言い方もされています。

エクストラネットとは、企業内もしくは企業グループ内のネットワークであるイントラネットを、ほかの複数のイントラネットと相互に結んだネットワークのことである。

アウターネットとは本来、複数のグループがアクセスを提供・共有し、ネットワークを結び合う事を意味している。

年々話題になっている”世界規模”のアウターネットとは、グループの枠を超え、世界規模でアクセスや回線を提供・共有しあい、人類をネットワークでひとつに繋ぐ事を意味しています

そもそも、インターネットは世界と繋がっていないの??

現在の世界人口は72億人とされています。ネットにアクセスできない人っていったいどの位なのでしょう

世界にはインターネットにアクセスすることができない人が50億人いて、そのうち40億人は途上国にいます。

インターネット環境がない地域、高価なアクセス端末を使えない人々、回線を規制されている地域など、世界にはインターネットを使えない人々の方が遥かに多い現状があります

アウターネットが実現すると、世界はどう変わるのか

インターネット・アクセスは教育を普及させ、ひいては人々の自己実現、貧困の追放を助ける。インターネットの普及は常にGDPの増大をもたらしてきたし、親しい人々が常にコミュニケーションを取り合うことを可能にする。

検閲のある中国や北朝鮮でも無料で検閲されないサイバースペースを提供できるようになるだろう。

アウターネット実現により、インターネットが使えない貧困地域の教育・医療が進歩し、先進国との格差が縮まる事が期待されています。

また、多くの規制のある地域にも、より自由なネットワーク・コミュニティを提供する事が可能とも考えられている。

世界を1つに繋げる。Googleが計画する「Loon プロジェクト」

Googleは、高高度気球で通信機器を打ち上げ、遠隔地と高速インターネットでつなぐグローバル・メッシュ・ネットワークを構築しようと考えている。

画像はプロジェクトの構想図。既にこのプロジェクトは、ニュージーランドなどで実験がおこなわれています。

太陽光発電で稼働し、遠隔操作される気球は、地上から20km上空で成層圏の風の中を飛行する。これはほとんどの航空機が飛ぶ高度のはるか上空だ。

プロジェクトが成功した時には、アフリカ、南アジア、南米など新興国の多い地域に安価なネットワークを提供できると言われている。

また、災害発生時の被災地へ、迅速にインターネットを提供できる手段になるとも考えられています。

Google Xが研究している Loonプロジェクト (成層圏上層に多数の気球を飛ばして僻地にインターネットアクセスを提供する)が各種のロボットをインターネットにつなぐことになるかもしれない。

GoogleはLoonプロジェクトを通し、スマートフォンは勿論。現在開発中の車やロボット、全てをインターネットで繋ぐことになるとも噂されている。

「Loon プロジェクト」に対し、ザッカーバーグ氏はこう発言した

「気球でインターネットアクセスを実現するGoogleなどにくらべればIOの取り組みは刺激的に聞こえないかもしれないけれど、地道な努力が大きな変化を実現できるのです。どんな企業であっても、たった1社で実現することはできません」

最後の "どんな企業であっても、たった1社で実現することはできません" が意味する事とは・・・? Facebook社も「アウターネット」実現へ向け、動き出す

Facebook主導の共同体「Internet.org」が発足

「Internet.org」略して「IO」とも呼ばれている

Internet.orgの設立メンバーには、フェイスブックのほか、サムスン(Samsung)、エリクソン(Ericsson)、ノキア(Nokia)、クアルコム(Qualcomm)、メディアテック(MediaTek)の各社が名を連ねている。

主要メンバーは、世界最大のコミュニティサイト・Facebook社。そして世界を代表するIT・テクノロジー企業揃いだ

何の為に?自己利益? ザッカーバーグ氏の考えとは

Internet.org発足に称賛の声も挙がったが、メディアからは「貧困を相手に利益目的か」との反応も出た。それに対しザッカーバーグ氏はこう述る。

「インターネットアクセスの拡大からすぐに得られる利益は小さいものです。IOの活動は世界のために良いことなので、驚くべき利益をもたらすことはないかもしれないけれど私たちは注力しているのです」

1 2





hiraoka_meさん