太陽光発電で稼働し、遠隔操作される気球は、地上から20km上空で成層圏の風の中を飛行する。これはほとんどの航空機が飛ぶ高度のはるか上空だ。

出典グーグル、気球を使ったネットアクセス提供を目指す「Project Loon」を正式発表 - CNET Japan

プロジェクトが成功した時には、アフリカ、南アジア、南米など新興国の多い地域に安価なネットワークを提供できると言われている。

また、災害発生時の被災地へ、迅速にインターネットを提供できる手段になるとも考えられています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世界を繋ぐ。現実化する「アウターネット」って知ってる??

72億人が住む地球上で、インターネットが使える人々はたったの20億人。「ネットを全人類に」立ち上がるGoogleやFacebook。「アウターネット構想」とも呼ばれ始めているこの取り組みをご紹介します

このまとめを見る