1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

最悪、低温やけども?!スマホの発熱に注意しておきたいこと

スマートフォンの使用で、充電端子の焼損や本体の発熱による相談が急増し、国民生活センターは、トラブル拡大防止のための注意喚起を呼びかけています。そしてどのような原因で発熱などが起こり、どのような対策が必要なのでしょうか?

更新日: 2014年02月21日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 13195 view
お気に入り追加

●スマホの発熱に関する相談が急増?

国民生活センターは20日、スマートフォンの発熱や充電部の焼損に関する相談が急増し、2009年4月~13年12月に計1032件に上ったと公表した。

・昨年度の相談523件

充電中に端子が焼け焦げたなどの相談が、昨年度だけで523件寄せられたという。前年度の5倍以上と急増している。

中には「寝ている間に体がスマートフォンに触れ低温やけどを負った」といったケースもあるということで、センターは注意を呼びかけています。

・同センターの実験では?

使用中、発熱するスマートフォンの背面をサーモグラフィーで観測した画像(国民生活センター提供)
Photo By 共同

同センターの実験では、充電用端子が破損したり、異物が混入したりしてショートに近い状態になったまま充電すると、端子周辺の温度は100度以上に上昇した。

・内部回路へ負担が増えると発熱する

さらに充電端子が壊れていたり、液体などが付着していたりする状態で充電すると、高熱で焦げる恐れもあり、取り扱いに注意するよう求めている。

・ガラケーよりも発熱しやすい?

スマホには、従来の携帯電話(ガラケー)に比べて多くのソフトウエアが搭載されており、ゲームやテレビ電話のような負荷が大きい機能を同時に使うと発熱しやすい。

国民生活センターではこれらの調査結果を受けて、事業者に対し、発熱や焼損しにくい端子、および本体の発熱を抑えた製品の開発を要望している。

・携帯各社は?

NTTドコモとKDDI(au)、ソフトバンクの携帯3社は、本体の温度が高くなると画面が暗くなったり電源が切れたりするシステムを導入するとともに、ウェブサイトや説明書で注意喚起をしていると説明している。

●スマホは、どんな時に発熱するの?

・LTEと3Gが頻繁に切り替わる場所にいる時
 ・動画を再生している時
  (LTEで『YouTube』を視聴する場合はより顕著)
 ・ブラウジングやオンラインゲームなど、連続して通信を行う状態
  にある時
 ・充電中に頻繁に通信やバックグラウンド処理が走ってしまう時

・スマホ発熱で発生するトラブル

1.本体の保護機能が働き、使えなくなる

→操作ができなくなる。
  →充電ができなくなる。
  →カメラが使えなくなる。

2.バッテリー性能が著しく劣化する
 3.気付かずにいると「低温やけど」になる危険もある

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう