1. まとめトップ

ジャニーズJr.★黄金期再来!チョコレートをもらった思い出事情

ジャニーズJrの人気の秘密・恋愛観等まとめていきます。ガムシャラなどドラマでもジュニアが活躍中!ジェシー・京本大我・安井謙太郎・森田美勇人・平野紫耀・永瀬廉・高橋海人・岩橋玄樹・神宮寺勇太・阿部顕嵐・岸優太他。Snow Man他。

更新日: 2017年05月09日

tesarory1516さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
106 お気に入り 405447 view
お気に入り追加

チョコレートをもらった最高個数ランキング

「週刊ザテレビジョン」7号で、ジャニーズJr.からMr.KING、SixTONES、関西ジャニーズJr.の総勢13名に「これまでのバレンタインデーにもらったチョコレートの最高個数」をアンケート。最高個数は64個という結果が明らかになった。

最も多くのチョコを受け取ったNo.1モテメンは平野紫耀(Mr.KING)で、小学4年生時の「64個」が最高。「学校にチョコを持っていくのは禁止だったから、家のポストにどっさり入ってて、玄関にもあったかな。このときが俺のモテ期MAX!」(平野)とドラマのようなモテっぷりを回想する。

2位は高橋海人(Mr.KING)、西畑大吾、向井康二(ともに関西ジャニーズJr.)の「30個」。高橋はダンスを習っていたという小学生時代を振り返り「そのころが一番いっぱいもらってたと思う。学校の子とダンス仲間の両方からもらえるから」と自己分析する。連続テレビ小説「ごちそうさん」(NHK総合ほか)などに出演しお茶の間の人気も高い西畑も“マックスモテ期”は小学校時代。「ほぼ義理チョコやったと思うけどね」と謙遜するが、「小中学校のときは、ちゃんとお返ししてた」という義理堅さも人気の秘密だろう。

大西流星(関西ジャニーズJr.)の「25個」、京本大我(SixTONES)の「20個」と続き、13名中じつに11名が1度のバレンタインデーに2ケタのチョコを受け取っていたことがわかった。

ジェシー(SixTONES)の最高個数は「5個」。アメリカと日本のハーフで人目を引く美形だが、「全然モテなかったからあんまり興味がなかった(笑)」と意外な答え。「でもお返しには手作りのクッキーをあげてたよ」という優しさも魅力だ。13人中もっとももらったチョコの数が少なかったのは松村北斗(SixTONES)で「2個」。だが意外とも思える少なさは「義理チョコはもらわない」という松村本人のポリシーによるもの。「小1のときの2個が最高。クラスの女の子が家まで届けに来てくれて、めっちゃうれしかった。お返しもしたな」(松村)と、とろけるような思い出を語ってくれた。本命チョコが2個とは、それこそ理想のバレンタインデーかもしれない。

Prince岸優太

「岸くんはしっかりした子だなという印象があります。ジャニーズJr.の子はチャラチャラしているというか、精神年齢の低い子が多いイメージを持っているんですが、彼は落ち着いていて礼儀もしっかりしていましたね。仕事に取り組む姿勢も真面目でしたし、職人気質のようなものを感じました。連続ドラマ『お兄ちゃん、ガチャ』(日本テレビ系)の主演抜てきなど、ピンでの演技の仕事があることもうなずけます」(テレビ局関係者)

ジャニーズJr.の阿部亮平と岸本慎太郎が国家資格の気象予報士試験に合格した。阿部は上智、岸本は明治に通う現役大学生でもあり、ファンからは早速2人がお天気キャスターを務める姿に期待の声があがっている。

新ユニット結成!!

12月11日から行われる、ジャニー喜多川氏(84)によるエンターテインメントの集大成『ジャニーズ・ワールド』。同公演にて、4人のジャニーズJr.からなる新ユニット・HiHi Jet(ハイハイ・ジェット)がお披露目されるという。顔立ちのいい男性が揃う、ジャニーズ事務所の新たなスター誕生に喜ぶ声が溢れる

同公演が初舞台となるHiHi Jetは、羽場友紀(15)、井上瑞稀(14)、橋本涼(14)、そしてローラーゲームチーム・東京ボンバーズに所属する父を持つ猪狩蒼弥(13)の4人で形成された新ユニットだ。

ローラースケートが得意なメンバーで揃えたHiHi Jet。5年後に開催される東京五輪の追加種目候補に挙がるローラースポーツに対し、ジャニー氏は「できることは協力したい」と語っている。なお、同ユニット名はジャニー氏が、メンバーの頭文字「羽場(H)、井上(I)、橋本(H)、猪狩(I)」と、「Johnny’s entertainment team」の頭文字を融合し命名したもの。

同公演では、そうした声を一変させる華麗な演舞を見せてほしい。

「ちょいアゲ↑スイッチ」のゲストに、ジャニーズJr.の新ユニットキンプリから平野紫耀と岩橋玄樹が登場

キンプリ結成を機に急接近したという同い年の二人が、緊張の初トークロケで初々しさを見せつつ、「プライベートもこんな感じ」というファン垂ぜんの素顔を2週にわたって披露

好きなファッション、一緒に通っている教習所の話、休日の過ごし方などプライベートな話が続出。2週目も平野が岩橋に自分のちょいアゲアイテムを勧めながら、さらに踏み込んだトークを展開。

Snow Man 楽屋でメンバー同士衝突 デビュー間近?の心境は?

岩本照:富士山みたいな感じかな。そこに行くまで相当長い道のりなんだけど、でも見えてるからそんなに遠くないように見えるんだけど、でも実際ものすごく遠いの。樹海があったりして、そんな簡単には辿り着けないんだと思う。

渡辺翔太:おれたちは実力を見せる場もないよね。一度クリエ以外の大きな場所で人の背中を見ない公演をやらせてもらって、証明したいよね。デビュー前にそれを実現しないと、その数を確かめられないんで。オフィシャルで大人に証明したい。

岩本:『滝沢歌舞伎』が始まる2日前ぐらいだったよね。

渡辺:舞台前なのにその話でけっこう揉めたよね、楽屋で。

岩本:けんかになるんじゃないかってくらいの勢いだった。

深澤:それくらい気持ちはありますよ。

渡辺:ごく自然な流れから入ったよね。

阿部亮平:歌舞伎のリハーサル中ちょっと待ち時間があって、楽屋にいたときに。

深澤:ちょっとした話が派生していって。

宮舘涼太:みんなの焦りがぶつかって。って、ぼくは楽屋にいなかったんだけどね(笑い)。

佐久間:おれと照の意見が分かれたんだよね。

渡辺:これがけんかに発展してったらまずいかなって思って、中間にいたんだよ。

阿部:おれも両方の言い分をずっと聞いてた。

深澤:ここでケンカして、歌舞伎に支障がでたら本末転倒なので。

渡辺:でもおれその時、ギラついてるじゃん!いいじゃん!って思って(笑い)。

岩本:けっこうヒートアップしてたよ。

佐久間:この年でけんかとかないと思うんだよね!ただ単に意見のぶつかり合いで、腹を割って話し合っただけだから。

1 2 3 4 5 6 7 8 9





tesarory1516さん