1. まとめトップ

子どもの上靴やスニーカーの汚れを"キレイに"落とす方法

上靴の黒ずみ汚れって何であんなに取れないんだろう~~子どもの上靴洗いに奮闘中で色々調べた結果をまとめています。基本漬け置きしてから洗うのがおすすめです。

更新日: 2017年07月29日

71 お気に入り 820440 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

y_redさん

1.こびりついた泥汚れなどをブラシで落とす

泥は洗剤では溶けません。
表面にこびりついた泥汚れは乾かしてから、ブラシでこすり落としましょう。その後に使うと、成分が効果的に働き、布目に入り込んだ汚れを引出します。

2.浸け置きをする!

意外と頑固な汚れの運動靴・上履きは基本浸け置きが良いと思います。

バケツに靴がつかるくらいのぬるま湯を入れ、洗剤を溶かして靴をいれておきます。
1時間くらい漬けておくといいでしょう。

3.靴ブラシやたわしなどで汚れを落とす

上靴を漬け置きした後は靴ブラシや取っ手付のたわしなどで汚れをおとしましょう。
届きにくいつま先の内側は古い歯ブラシを使います。

4.水でよく洗い流し、しっかり水気を切る(脱水)

水に入れて洗剤の泡が出てこなくなるまでしっかり洗い流す。
洗剤が残っていると黄ばみやシミの原因になります。
洗濯機の脱水を使うと乾燥時間の短縮になります。

5.干すときは陰干しで

ゴムの靴底は熱にあてると軟らかくなり変形することがあるので、直射日光に当てないように陰干しをして乾かします。

■汚れ落としにオススメするのはコレ!

amazonで150円程度です。
安い上に大きいので、切って使うのがおすすめです。

一度黒ずんだのは白くはならないけど、日々の黒ずみなら固形石鹸の「ウタマロ」がどろんこよごれとか上履きには良いですよ!お試しあれ!

漂白剤が入っているので色付のものには向かないものの、上靴などの汚れには効果的!

子供の上履きに水を含ませてから、『エネロクリーン』をこすりつけ、ブラシなどでゴシゴシと洗っていきます。みるみるうちにドロ汚れで真っ黒だった上履きが真っ白に!

■上靴洗いも人によってさまざまです。

重曹(大さじ2)
酸素系漂白剤(キャップ1杯)
歯みがき粉(5センチくらい)
をねったもので洗っています。
驚くほどキレイになってます!


【詳しくはこちら】
http://ameblo.jp/awawa-japan/entry-11209236564.html

汚れ落としに万能な重曹。
重曹水に上靴を漬け置きしてから洗います。

【詳しくはこちら】
http://rokko.hatenablog.com/entry/20070623/1182651711

上靴を白くしたいなら歯磨き粉を使って洗うのがおすすめ!

洗濯機を使うと楽チン♪
汚れ落ちは手洗いに比べ劣りますが忙しい人にはぴったりですね。

家の洗濯機を使うのに抵抗がある人はコインランドリーの靴用洗濯機がオススメです。

中に大きなブラシがついていて
ゴシゴシ洗えます。

■上ぐつの汚れがつきにくくなる方法

1