1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

錦織圭|体が悲鳴を上げるテニスツアー転戦の過酷な孤独との戦い

錦織選手は怪我が多いイメージがあるかも知れませんが、体が弱いのではなく、テニスのツアーが私たちの想像以上に厳し過ぎるにかも知れません。

更新日: 2018年05月12日

55 お気に入り 119074 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

murasaki09さん

2月20日、デルレイ・ビーチ・オープンで左脚の痛み訴え2回戦棄権

男子テニスツアーのデルレイ・ビーチ・オープン(アメリカ/デルレイ・ビーチ、ハード)は20日、シングルス2回戦が行われ、第3シードの錦織圭(日本)は世界ランク65位のT・ガバシュビリ(ロシア)と対戦し、第1セットを2-4とリードを許した時点で途中棄権を申し入れ、2週連続のタイトル獲得とはならなかった。

格下相手にリードしていたのに棄権。

前週は全く痛みがなかったが、決勝の次の日の練習で少しずつ痛みが出てきた。最悪の状況になる前にやめたので、(復帰まで)何カ月というのはないと思う。少し休んで様子を見る感じ

錦織圭のコメント

プロテニスプレイヤーの転戦の厳しさ

テニスプレイヤーは孤独な賞金稼ぎのスポーツ。
ランキングが上がらなければ、ウェアも自前(メーカー契約している場合でも、ただ現物支給だけという場合も多い)、スタッフやトレーナーをつけたりもできない上に、宿泊するホテルも他のプレイヤーと相部屋にしたり、洗濯やももちろん自分で行なわなければならないと聞きます。

テニスの場合、世界ランキングをあげるためには、毎週世界各地で行われている試合にできる限り出場しなければならない。

コーチがいるならその分も旅費を考えなければならない

国内の大会に出場しているだけでは、獲得 ATP ポイントや WTA ポイントが十分でなく、世界各地で行われる大会に出場できません

グランドスラム出場を目指す選手が、日本国内の大会のみ出場していては、グランドスラムに出場することは困難らしいです。だから錦織選手は過酷なツアーに出る。

2013年3月のフロリダのデルレイビーチ国際選手権、1回戦で、左脇腹を痛め棄権した時。 

錦織はつい先週、5日間連続で世界のトップ選手たちと戦い、その翌日にメンフィスからデルレイビーチまで約1万5千キロを移動してきたばかりなのだ。

怪我が多いのは長大な移動距離もあると思います。

「(硬質な)ハードコートであんなに小まめに動きを変えると、肉体へのダメージが半端ではない。それをたった一人で数時間やる上に、毎日のように試合がある。こんな競技は他に見たことがない」

野球やバスケットボールなど複数の競技で日本のトップアスリートたちを見た後に、テニス選手の担当になったあるトレーナーのコメント。

テニスにオフシーズンはあんまり無い

テニスは一年を通して試合があります。

オフシーズンが特になく、テニスコートを一人で、長い試合だと3時間以上も走り続けるという
プロスポーツの中でも特に過酷な部類に入ります。

プロテニスというのは非常にオフシーズンの短いプロスポーツで、年末年始の一ヶ月ほどしかありません。

他の多くのスポーツでは数ヶ月のオフの間にリハビリで故障を治したり、キャンプで体力強化したりということができるのですが、そういった暇がないため、往々にして選手達は古傷を抱えたままのプレイを強いられます。

錦織のようなトップ選手にはスケジュールの自由度はほとんど無いのである。

選手達の故障の多さもオフシーズンの短さと関係していると思いますので将来のテニス界の為にもどうにかオフを長くして欲しいですね

全部自分でする苦労(孤独)

テニス選手は必ず、試合が終わったあとの公式記者会見に出なくてはいけない規則があります。
もしこの規則を破ると、例外なく罰金を取られることになります。

負けた選手は精神的にも落ち込んで「誰とも話をしたくない」時も有るそうですが
記者を無視してもいい理由にはならないそうです。

テニスほど孤独なスポーツはなかなかないです。負けたときも誰のせいにもできない

自分を管理しなくてはいけないので、我慢強さがつき、試合に勝ったときの喜びは独り占め出来る。という側面もある。

コーチはず~っと観客席。アドバイスをくれる人はいない、休憩の時も、ず~っとひとりきりです。

WTAツアーで4大大会7勝を含むシングルス41勝、ダブルス2勝の元女王

「飛行機で移動し、時差に悩まされ、荷作りしてはすぐにそれを解いて、というような生活を終わりにしたかった」

25歳でツアーを引退したジュスティーヌ・エナンのコメント。

賞金など

全豪、全仏、全英、全米の4大大会の優勝賞金は、1億5000万円くらいが相場だ。そのためランキング1位のテニス選手となると年収20億円にもなる

優勝したらです。

欧州プロテニスプレーヤーで、年収2000万円~1億円が目安。

R.フェデラーのようなトップクラス(ランキング1位レベル)になると年収20億円
スポンサー料入れると30億ぐらいになるかもです

日本のクルム伊達公子で約2億円(らしい)
ダブルスの杉山愛で7.6億円(らしい)

1 2