1. まとめトップ

【衝撃の真実】え?なにそれ!“童謡の謎” が深すぎる!

あなたが口ずさんでいた童謡の数々に、実はこんな深い意味が隠されていたのです!知るとグッとくるいい話や、色っぽい話まで、童謡って実はものすごく奥が深いんです!このまとめを見ずに、ウミを歌っちゃダメです!

更新日: 2014年02月26日

1176 お気に入り 150443 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

totokokoさん

童謡は子どもを想う親の気持ちから、始まった!

後世に残したい童謡とは?

1位  赤とんぼ
2位  雪
3位  さくら
4位  ウミ
5位  しゃぼん玉
6位  チューリップ
7位  春の小川
8位  紅葉
9位  こいのぼり
10位 むすんでひらいて
11位 ぞうさん
12位 七つの子
13位 アメふり
14位 お正月
15位 げんこつ山のたぬきさん
16位 ちょうちょ
17位 おぼろ月夜
18位 春がきた
19位 まっかな秋
20位 うさぎとかめ
※gooランキング後世に残したい 日本の童謡ランキングより

歌ったことがある曲ばかりですね!だけどその歌に込められた意味が実はとっても深い!!

人気のあの歌には、実はこんな深い意味が・・

■ 4位 ウミ

この歌が持つ大らかさには夢が感じられるが、「えっ?」と絶句させられる事実が隠されている。♪海は広いな 大きいな・・この作品が唱歌としてはじめて教科書に載ったのは昭和16年。この年の暮れに日本は太平洋戦争に突入。すでに戦時下にあった。戦意高揚として作られたので、♪いってみたいな よその国・・の「よその国」は敵国のことだったのだ。

■ 5位 しゃぼん玉

♪生まれてすぐに こわれて消えた・・は子どもの命だったという。しゃぼん玉の作詞家、野口雨情は最初の妻ひろとの間に生まれた長女・みどりをわずか8日目で亡くしている。はじめて授かった子どもの成長を見届けることもなく、愛娘と死別しているのだ。♪生まれてすぐに こわれて消えた・・みどりへの思いにほかならないのではないだろうか。

■ 12位 七つの子

「七つの子」の〝七つ〟って、からすが七歳、七羽なのだろうか?一体〝七つ〟とは何をさしているのだろうか。七を使う単語や熟語にヒントが隠されていないだろうか。野口雨情は人間の7歳の子にだぶらせて書いたとも考えられる。

■ 16位 ちょうちょ

元歌とされる「胡蝶」は、わらべ歌というよりは、花街や色町などで歌われていたとの説がある。最初は芸妓を自由に飛び回る男たちを蝶々に例え、花が女で男が蝶々―だったらしい。だが一方で蝶は男ではなく女、男が花と反対に見ることが出来るという。ちょうちょの歌なのに2番にすずめ、3番にはとんぼ、4番にはつばめの歌詞が付け加えられている。

■番外編 手のひらを太陽に

この歌は昭和36年に誕生。当時、四十代のやなせたかしは自分の進路に悩み「自殺したいほどの絶望の中」でこの歌をつくった。そうして見ると ♪生きているから かなしいんだ・・の歌詞の意味も分かるようだ。この歌は東日本の被災地復興ライブで度々歌われている。この歌は元気を与えてくれるのは勿論のこと、つらいときにみんなを励ます力強さが、込められているからだろう。

童謡の役割は?

そこには時代、時代の民衆の叫びや思いが見え隠れする。命の尊さ、自然の大切さ、そして神への祈り、平和への感謝など、人としてわすれてはならないメッセージが詰め込まれている・・数ある歌の中で、童謡は唯一、子どもから大人までが共有できる「橋渡し」の役割を持っている。だから私たちは日本にしかない”童謡”という大事な文化をしっかりと守り通さなければならない。

子どもへの愛や自然の恵みへの感謝、命のはかなさなど、私たちが決して忘れて いけない大事なもの、童謡には込められているんですね。

■関連サイト

1