パイプライン利権がある

ロシアおよびからのパイプラインがイタリアやドイツなどEU諸国、トルコなどに伸びている。実は、ウクライナで政権転覆が謀られたのと同じ週に、アメリカ支配下のイラクから、トルコを通じてヨーロッパへと結ばれるガスパイプラインが導通した。ロシアからウクライナ経由で流入するガスを停止させることは一部企業にとってメリットとなっている。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ウクライナ情勢がどうしてこうなったのか分かりやすいまとめ

ウクライナの首都キエフで反政権デモ隊と治安部隊の衝突が拡大。ヤヌコビッチ大統領が首都を離れたことで、クーデターが成功したかに見える。どうしてこうもドロドロになってしまったのだろうか?一時、第三次世界大戦の可能性までささやかれた。

このまとめを見る