1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ming53さん

鉢植えに虫?

買ってきた観葉植物の土に虫が生息していて、部屋の中を飛び回ってしまうことは結構あることのようです。

主に観葉植物によってくるコバエは
・キノコバエ
・ショウジョウバエ
・ノミバエ
のようです。

薬を使って退治する

一番良いのは土の中の幼虫を駆除する方法となります。
薬剤で幼虫を駆除するには、「マッチ乳剤」の様な薬剤が効果的です。

アリ対策の液体です。その液体の名前は「SARABA アリくん」というものですが、ヒトデの成分を利用して製品化してます。化学物質はいっさい使用していないので、個人はもちろん、企業の方にも殺虫剤の変わりに使われているようです

植木鉢の土に、家庭菜園で良く使用するオルトラン顆粒等を振りかけると間違いなく消えます。
オルトラン顆粒、スミチオン顆粒、デナポン顆粒等、殺虫剤の顆粒だとどれでもOKです。

園芸用の”フマキラーFK-2001”などを備えておけば
良いと思います。土にも吹き掛けておけば大丈夫ですよ、少量で死にます。

北興産業株式会社の「コバエ用スプレー」はいかがでしょう。価格は1000円前後だったと思います。

ハエ取り棒 園芸用だそうです。取説ではキノコバエにはこれが一番だそうで

『コバエがホイホイ』はショウジョウバエに的を絞った誘引剤ですので、キノコバエはとれません。
ショウジョウバエとキノコバエとでは、好む餌(匂い)が違いますからね。

薬以外で退治する

観葉植物とはいえ、できることならば化学薬品は使いたくないって人もいるとおもいます。
そんな方のために、薬品を使わない方法をまとめてみました。

必要なモノは、タバコ2箱、流しでつかう水切りの中に入れるアミ、バケツ、水。

緑道は、これだけで虫達を、沈黙させる。

バケツに水を入れ、タバコをアミに入れてバケツの中に放り込む。
つまり、タバコのお茶を作るわけだ。

注意しなければならないのは、小さい子供の手の届くところでは、絶対にやらない事だ。
タバコのヤニは人にとっても猛毒である。
しかし、植物性のものなので、植物に与えるには、まったく害はない。
この、タバコ汁を、鉢土の上からドブドブと注ぐ。
受け皿に溜まった水を2~3回、繰り返し注ぐ。
これだけでOK。

タバコ汁ですか。大丈夫なのかちょっと心配になりますが。私も実際にやってみましたが、植物には全く影響ありませんでした。他にも実際にやってみた人のコメントもあるので信頼できる方法です。

酢液または竹酢液を使用します。
天気の良い日の朝方に、庭先などで10~20倍に希釈し、鉢底から流れるくらい潅水の要領で行います。
天候がよければ、夕方の冷え込む前までそのまま臭いが薄くなるまで屋外に置きます。

「竹酢液」を買ってきて、
その竹酢液の記載に従って数百倍に希釈し、定期的に土に散布してみましたら、
かなり効果があったのか、当初に比べると虫は激減しました

水没法

鉢が完全に入って治まる容器を用意します。バケツやタライでも何で
も構いませんが、必ず鉢が完全に治まる容器を選んで下さい。
次に容器に鉢を入れ、鉢土が浮かないように容器の淵から徐々に水を
流し入れます。水は鉢が完全に水没するまで入れます。
このまま約5分から10分間水没させます。すると水面にコバエの成
虫や幼虫が浮かんで来るので、これを金魚用の網で丁寧にすくって取
り除きます。全てを取り終えたら、鉢を静かに容器から出し、完全に
水が抜け切れるまでベランダに放置します。

でも、極論は

上記の化学薬品やタバコ汁などでも効果は一時的との声もあります。

究極は土の入れ替えしか無いようです。

コバエが発生した原因は、あなたが繰り返し使用している腐葉土にあ
ります。また腐葉土と赤玉土を混ぜられていますから、この配合比率
も発生原因の一つになろうと思います。
何が言いたいのかと言うと、腐葉土も赤玉土も水分を保持する能力が
高いので、水遣りをすると長時間も鉢土内に水分が残こり、どうして
も鉢土が常に湿った状態になってしまいます。
また通気性も良いとは言えませんから、コバエにとって生育するため
には最適な温度になっています。腐葉土と赤玉土だけで土作りをする
には無理があります。

(中略)

。特に室内栽培の時は、腐葉土は使用
しないようにするべきだと僕は考えています。

有機物を用いたり
土が常に湿っていると
コバエが沸きやすくなります。
土と肥料は人工的なもので
配合するのであれば
赤玉土と酸度調節済みのピートモスを
6:4で混ぜます。
肥料は化成肥料が良いでしょう。
あとは、水ですが
土が乾いて2日程度たってから
たっぷりと容器の底から流れ出てくるまで
株元からそっと与えてください。
トレイなどを使用している場合は
たまった水はその都度捨てましょう。

1 2