幼少期に正しく教育された個体は、力強い顎を持ちつつも従順であり、忠誠と服従の感情を表す。このためペットとして飼うことだけでなく、攻撃とリリース(噛み付くのをやめさせる)等の数々の命令をこなすことが可能となり、各分野での活動が行える。

出典ジャーマン・シェパード・ドッグ - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る