ノルウェーが今年の捕獲枠を発表する前日の3月31日には国際司法裁判所(International Court of Justice、ICJ)が日本に南極海(Southern Ocean)で実施している調査捕鯨の禁止を命じ、捕鯨業界に大きな衝撃を与えた。

 鯨肉は貧しい家庭の食卓に並ぶものとされていたノルウェーでは、捕獲頭数が設定枠に満たない状態が続いている。公式データによると、昨年の捕獲頭数はわずか594頭だった。

 動物愛護活動家はこうした状況は消費者の鯨肉離れを示していると指摘している。一方、捕鯨産業関係者は、捕獲頭数が少ない理由として鯨肉の加工場の処理能力不足や燃料価格の高騰、捕鯨水域が沿岸から遠く離れていることを挙げている。

出典ノルウェー、今年のクジラ捕獲枠を発表 昨年と同じ1286頭 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

次へ