赤ちゃんが夜中に目が覚めてしまうとき、眠りにつくときに口に含んでいたはずのおっぱいがないことに気づいて、「泣き」(行動)ます。そうすると、その行動に対してお母さんは「授乳」(結果)します。
これが繰り返し行われることで、赤ちゃんは、「夜中に目が覚めたときに泣けばおっぱいがもらえる」、つまり、「泣く」(行動)と「授乳」(結果)を結び付けるようになります。

出典No more夜泣き 2つのポイント - 上手に悩むとラクになる - アピタル(医療・健康)

そのため、夜泣きを改善するための具体的な方法が「夜間断乳」ということになります。

前へ 次へ