1. まとめトップ

ゴロ寝でユラユラ動くだけの骨盤矯正!「ゆらぎ体操」が人気すぎる

魔法の骨盤体操と言われる「ゆらぎ体操」。フィットネスや公的講座で行列待ちやキャンセル待ちが続出しているそうです。日頃から体の歪み、腰痛や首コリ、肩こり、姿勢の悪さが気になる人は試してみるといいかも!わかりやすい動画ありです。

更新日: 2017年10月13日

180 お気に入り 310565 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tAkUさん

魔法の骨盤強制エクササイズと話題の「ゆらぎ体操」をご存知ですか?

「ゆらぎ体操」は日本ゆらぎ体操セラピー協会が提唱している運動プログラム

日本ゆらぎ体操セラピーHP
http://www.ha-i.jp/

(´・ω・`)この体操の何が魔法的かというと、ゴロ寝の状態で体をゆらゆら揺するだけで、骨盤強矯正のアプローチができるというもの。

寝たきりの方もできるように!ということをコンセプトにしており、最初から最後まで寝転がってできる運動の枠を超えた革新的な メソッド(プログラム)

「ゆらぎ体操」は、筋トレやストレッチとは次元の違う、第3の体操であり、体と心の自己調整法です。心地よいリズムで全身をゆすることによって人間が本来持っている自然で、 しなやかな体と、安らかな心を取り戻し、人間本来の生命力や自然治癒力を高めることを最大の目的としています。

上の動画は、大阪のフィットネスクラブで撮影した『ゆらぎ体操』 の取材映像です。このフィットネスクラブでは一週間に約 90本のさまざまな運動の教室が開催されていますがこの体操教室は、10年連続で集客数 No.1!定員は最大70名。 整理券を発行して入場を制限する状況が、10年以上続いています。

(´・ω・`)ものすごい人気!近年は雑誌やテレビなどの取材も増えているとのこと。女性誌などでも特集を見たことがある方もいるのでは?

では実際に試して…の前に、骨盤が歪んでしまうメカニズムをおさらい!

基本的に骨盤のゆがみというものは、その人の日常の体の使い方のクセがその最大の原因になっています。

人は気付かないうちに、骨盤を歪ませてしまう行動をとっていることがあるのだとか…!

歪みとひと口に言っても、歪みの過程は人それぞれで異なりますし、歪んでいても日常に差し支えるものから、そうでないものもあります。

【体を知らず知らずのうちに歪ませてしまう習慣】
①座ると足を組まずにいられない
②片足重心で立つクセがある
③いつも同じほうに荷物やカバンを持つ
④椅子に座ると無意識にヒザが開いている
⑤いつも決まった片方で食べ物を噛む
⑥頬杖(ほおづえ)をよくつく。 など

出典体の歪み~歪みチェック解説~

(´・ω・`)他にも色々と良くない習慣はたくさんあります

【骨盤の歪みが体にあたえる影響】
①血行障害やガンといった病気を患う危険性もある
②猫背やO脚ばかりでなく、背中が丸くなり実年齢より老けた印象に
③血流が悪くなることが一因で、肩こりや腰痛が慢性化しやすい

出典骨盤がゆがむ原因と体に与える影響 [骨盤ダイエット] All About

(´・ω・`)百害あって一理なし

【歪みの簡単なチェック方法】
①目をつむり、片足立ちをして10秒以上、全くぐらつかずに立ってみる
②イスに腰掛けて脚を組む。これを左右、両方で試す
③地面に十字にテープをはる。その上で目をつぶって30回足踏み

①10秒崩れなければ歪みは少ないと言えます。。
②どちらか一方が組みにくかったり、きつく感じれば歪んでます。日常から、無意識のうちに同じ方向に脚を組んでしまうという方は、体が曲がって骨盤がゆがんでます。
③自分が十字からどれくらいずれているか確認しましょう。骨盤が歪んでいる人は、歪んでいる方にずれていきます。

癖やゆがみを直すためには、姿勢、運動やストレッチ、体操のどれか一つだけで直せるというほど単純ではありませんし、個人差もあります。

大事なのは、幾つかの動きや姿勢を組み合わせて、プログラム化しておこなうこと。ゆらぎ体操はその理にかなっていると言えそうですね!

―では、動画を見ながら実際にやってみましょう! 自分に合っていると思えればしめたものです。

【ゆらぎ体操を行う上でのポイント】
①余分な力をできるだけ抜くこと。
②力まず、がんばらず、余分な力を抜いて楽に、なめらかに体を動かす。
③痛い動作はしない。痛みを感じると緊張して力が入ります。
④体と対話するように、気持ち良さを味わいながら行う

『ゆらぎ体操』は筋力をつけることが目的ではなく、体をゆるめて、ゆがみや癖を治すことを優先している。余分な力を抜いて、ゆらゆら動かすうちに自然に、無理なく、筋肉の癖や骨格のゆがみが調整されてくるのです。

(´∀`)横になってユーラユーラするだけの静かな動きなので、くれぐれも無駄に力は入れないでくださいね。毎日寝る前の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

1