1. まとめトップ
  2. 雑学

実だと思って食べていた部分は本当は茎だった?イチゴの意外な雑学

イチゴは今では一年中食べられますが、1月から5月あたりが出まわる量も多く旬だといえます。旬のいちごに関する意外と知らなかった雑学・トリビアをまとめました。

更新日: 2014年02月24日

216 お気に入り 168160 view
お気に入り追加

イチゴはバラ科の多年草。草なので果物ではなく実は野菜に分類される

いちごは、バラ科の多年草です。だから草である以上、メロン・すいかなどと一緒で実は、野菜の仲間です。

農学上では、果物ではなく野菜
(種を蒔いてから1年以内に収穫できるものを野菜と考えている)

スイカが野菜ということは有名だけどイチゴも野菜とは意外。スイカ、メロン、イチゴは野菜だけど流通上は果物として扱われるので果実的野菜というのだそう。ちなみにイチゴを野菜として扱っているのは日本と韓国だけです。

イチゴのつぶつぶは種だと思いがちだが本当は「いちごの実」でつぶつぶの中に種がある

分類上は外のつぶつぶの一つ一つが実の部分、 つまりリンゴや柿1個に相当し、小さなつぶつぶのさらにその中心に種がある

このような一見種のような実を痩果(そうか)といいます。タンポポの種やひまわりの種も実は痩果でタネじゃなかったんです。

普段イチゴの実だと思って食べている部分は本当はイチゴの茎

あの赤い実は何なのかというと、花の根元である花托(かたく)の部分が肥大化したものなのです

花托(かたく)と呼ばれ花軸の根元、茎の先が大きく膨らんだもの。このようなものを「偽果(擬果)」といい、 種と一緒に食べさせる意味では、果実と同様の役割を立派に果たしている

ニセモノの実のくせにおいしいのはなぜだ?

イチゴのヘタの先が白くなっていることがあるが、農薬の跡ではなく「溢液現象(いつえきげんしょう)」という健康なイチゴの証拠

時々、葉や顎(がく)の先に白いものが付いていることがあります

これを「農薬のあと」と思っている人が結構いるんです。
いえいえ、これは「溢液現象」がおきた証拠で、いちごでは当たり前なんです

夜の間に水分と一緒に土の中の肥料を盛んに吸収して、余分な水分と肥料は朝に葉の先から外に出します。
この水分が乾くと肥料分が残り、白いあとが付きます。
この溢液現象は、根が活発で生育が良い状態の時におきるそうです

イチゴは先端のほうが甘いのでヘタ側から食べると最後までおいしい

イチゴはへたとは反対側の先端(果頂部)のほうが糖度が高いので、大きいイチゴはへたを持って食べるよりも、先にへたを取って、へた側から食べると最後まで甘味を感じられます

イチゴは1パックでだいたい100kcalと低カロリー

パックの中に入っていた中の中間の大きさのいちごの1個の重さは14gでしたから、約5kcalです。

イチゴは「低カロリー」の果実でもあります。イチゴ100g当りのカロリーは、約35kcal!!どの果物と比べても低カロリーなのです

1パックに入っていた苺の重さは296gですから、1パックすべてのいちごを何もつけずに食べれば、101kcalになります

イチゴ2粒でレモン1個食べたのと同じだけのビタミンCが摂取できる

1 2





映画・アニメ・マンガ・音楽・食べ物関係のネタが好きです。自分の興味をみんなと共有できたらいいなと思います。「たのしい」まとめになるよう精進していきます!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう