花托(かたく)と呼ばれ花軸の根元、茎の先が大きく膨らんだもの。このようなものを「偽果(擬果)」といい、 種と一緒に食べさせる意味では、果実と同様の役割を立派に果たしている

出典イチゴ雑学

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

実だと思って食べていた部分は本当は茎だった?イチゴの意外な雑学

イチゴは今では一年中食べられますが、1月から5月あたりが出まわる量も多く旬だといえます。旬のいちごに関する意外と知らなかった雑学・トリビアをまとめました。

このまとめを見る