1. まとめトップ

マラウイ共和国における少女に性行為教える「通過儀礼」とHIV感染

マラウイでは一部の地域の部族では、少女が大人になるための通過儀礼として性交渉があります。それは、両親がお金を払って、ある特定の男性に「性交渉のやり方を教えてもらう」という衝撃の内容です。さらにコンドームの使用がほとんどされていないためHIV感染拡大にもつながっています。

更新日: 2014年04月11日

4 お気に入り 38661 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

cassiusjapanさん

少女に性行為を教える実態とはいったい何なのか?

マラウィ共和国とはいったいどんな国なのか?

この通過儀礼がHIV感染につながっているという。

2chにおける反応

マラウィにおけるHIVへの取り組み

UNICEFによるとマラウイでは10人に1人がHIV/エイズと共に生きていて、そのうちの4分の1は出産可能な­年齢の女性たちという。現在マラウイでは、HIVと共に生きる妊婦は、母子感染予防の治療を無償で受けられるという。

マラウィでは国境なき医師団もHIV感染拡大防止のために活動している。

1