1. まとめトップ
  2. 雑学

ヘルシーフードとしてアボリジニ特有の食文化「ブッシュフード」が注目され始めている!

オーストラリアの原住民アボリジニ特有の食文化で健康食材としての優れた面をもつ「ブッシュフード」が世界中で注目され始めています。

更新日: 2014年02月24日

90 お気に入り 54686 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

chat01574さん

■ 「ブッシュフード」というものが注目され始めている!

日本のほぼ真下、南半球に位置するオーストラリアで「ブッシュフード」と呼ばれるオーストラリアの先住民独特の食事が注目され始めている

先住民アボリジニーの伝統的な食材で、ブッシュタッカーとも呼ばれる。

■ 「ブッシュフード」とはアボリジニ特有の食文化!

「ブッシュフード」とは、オーストラリア大陸特有のカンガルーをはじめとする野生動物、天然ハーブ、野菜、魚介類を使ったアボリジニ特有の食文化のこと。

ブッシュとは繁、藪、潅木といった意味があり、ヒトは農耕以前から季節ごとの野山のものを食べて生きていきました。それをブッシュ・フードと呼びます。

健康食材としての優れた面と伝統食材としての側面が再び評価され、オーストラリア全土で評判を呼んでいる

■ 料理は特にコレ!というものがないオーストラリア料理。

オーストラリアは移民の国と言われるだけあって、ヨーロッパ諸国からはもちろんアジアからもたくさんの移民を受け入れて発展してきました。それゆえに、実は食生活もとても多国籍

オーストラリア独特の料理として、カンガルー、ワニ、エミューなどの野生動物を使った料理がある

85年頃からオーストラリアではその価値が見直され、現在では五つ星クラスのホテル、高級レストランでブッシュフード素材が大陸独自の味として使われています。

■ 見直されたきっかけは、食生活変化による健康状態の悪化!

オーストラリアの先住民族アボリジニの人々は、4万年以上前にアジアからオーストラリア大陸に渡ってきたと考えられています。

ヨーロッパ人が侵略してきたことによって、 一時アボリジニは絶滅の危機に追われましたが、その少なかった人口も徐々に増えてゆき、 今では30万人(純血は10~15万人)までになりました。

今ではオーストラリアの人口約2300万人のうち、アボリジニは全体の2%ほどで3分の2が都市生活者とのこと。

アボリジニの方々はヨーロッパの人々が持ち込んだ食により、遺伝子に合わない食や暮らしによって健康状態をそこねてしまった

ある調査によると、食生活が変わったアボリジニはオーストラリア人よりも健康状態が悪く、糖尿病患者が多いという結果がでたそうです。

■ 伝統的な食事が見直され始めた!

加工食品、特にコンビニやファースト・フードの対局にある食事といって良いでしょう。

野生動物の肉はカロリーが少なく、高タンパク低脂肪。また、彼らがよく食べる木の実やベリー類、根、種などには無機質やビタミンなどが豊富に含まれている

■  世界が注目し始めたルーミート!

1 2