ウイルスに感染した後、15~50日(平均28日)の潜伏期間をおいて、急な発熱、全身のだるさ、食欲不振、吐き気や嘔吐が見られ、数日たつと黄疸(皮膚や目の白い部分が黄色くなること)がみられます。症状が軽い場合もありますが、重症の場合、回復するまでに数週間から数ヶ月かかることもあります。

出典FORTH|お役立ち情報|感染症についての情報|A型肝炎

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎、それぞれの違い知っていますか

A型、B型、C型肝炎についてのまとめです

このまとめを見る