1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

yunishioさん

■ 雪道の放置車両が動かせないのは現行法のせい…というデマ

陸路自衛隊が山梨に入れない理由は雪道が通れないからではない。装甲車は雪道でも動かせる。道を塞ぐ乗り捨てられた車を退かす権限がない為に陸路助けにいけないの。おかしいだろ。有事法制化反対してた奴等の責任だから。

※ デマです。平成七年(1995年)、すでに災害対策基本法が改正されて、放置車両を撤去することが可能になっています。

※ 自衛隊が迅速に被災地域に入れなかったのは、「車を退かす権限がない為」ではなく、大雪のせいです。

■ 資料

第76条の3

〇警察官は、通行禁止区域等において、車両等が通行の妨害となる場合には、占有者等に対して移動等の措置をとることを命ずることができる

〇命ぜられた者が措置をとらない場合や相手が現場にいない場合には、警察官は自ら措置をとることができる

〇警察官不在の場合、災害派遣を命じられた部隊等の自衛官又は消防吏員が警察官の当該権限を行使できる

(背景)
震災時は、交通規制の行われた道路を含め、多数の車両が放置されるとともに、実際上は規制に反して多数の車両が通行していたため、人命救助等に関わる緊急通行車両の円滑な通行に著しい支障をもたらした。特に、放置車両の撤去については、当時の災害対策基本法では現場の災害を受けた工作物又は物件しか除去できす、また道路交通法では駐車違反である車両のみが対象であるなど、その円滑な実施が法制上困難であった。

そこで、災害時に運転者がとるべき行動を災害対策基本法に明確に規定するとともに、緊急通行車両の通行の妨害となる車両等に対して、その運転者等に移動命令等の措置を警察官が命じることができることとした。加えて、命令に従わない者がいる場合や命令すべき相手がいない場合は、警察官自ら移動等の措置を講じることができることとした。

また、大規模災害に対応すべく、交通規制を道路の「区間」だけではなく「区域」を指定して行うことができるようにし、一定区域全域の道路に対し包括的に一般車両の通行を禁止することが可能となった。

第七十六条の三  警察官は、通行禁止区域等において、車両その他の物件が緊急通行車両の通行の妨害となることにより災害応急対策の実施に著しい支障が生じるおそれがあると認めるときは、当該車両その他の物件の占有者、所有者又は管理者に対し、当該車両その他の物件を付近の道路外の場所へ移動することその他当該通行禁止区域等における緊急通行車両の円滑な通行を確保するため必要な措置をとることを命ずることができる。
2  前項の場合において、同項の規定による措置をとることを命ぜられた者が当該措置をとらないとき又はその命令の相手方が現場にいないために当該措置をとることを命ずることができないときは、警察官は、自ら当該措置をとることができる。この場合において、警察官は、当該措置をとるためやむを得ない限度において、当該措置に係る車両その他の物件を破損することができる。

3  前二項の規定は、警察官がその場にいない場合に限り、災害派遣を命ぜられた部隊等の自衛官の職務の執行について準用する。この場合において、第一項中「緊急通行車両の通行」とあるのは「自衛隊用緊急通行車両(自衛隊の使用する緊急通行車両で災害応急対策の実施のため運転中のものをいう。以下この項において同じ。)の通行」と、「緊急通行車両の円滑な通行」とあるのは「自衛隊用緊急通行車両の円滑な通行」と読み替えるものとする。
4  第一項及び第二項の規定は、警察官がその場にいない場合に限り、消防吏員の職務の執行について準用する。この場合において、第一項中「緊急通行車両の通行」とあるのは「消防用緊急通行車両(消防機関の使用する緊急通行車両で災害応急対策の実施のため運転中のものをいう。以下この項において同じ。)の通行」と、「緊急通行車両の円滑な通行」とあるのは「消防用緊急通行車両の円滑な通行」と読み替えるものとする。

5  第一項(前二項において準用する場合を含む。)の規定による命令に従つて行う措置及び第二項(前二項において準用する場合を含む。)の規定により行う措置については、第七十六条第一項の規定による車両の通行の禁止及び制限並びに前条第一項、第二項及び第四項の規定は、適用しない。
6  災害派遣を命ぜられた部隊等の自衛官又は消防吏員は、第三項若しくは第四項において準用する第一項の規定による命令をし、又は第三項若しくは第四項において準用する第二項の規定による措置をとつたときは、直ちに、その旨を、当該命令をし、又は措置をとつた場所を管轄する警察署長に通知しなければならない。

■ ここから本編

自衛隊があんなに富士山北麓にいるのに、見かけない件www 正面装備なんぞ全部雪かきにしろや、富士教導団w

山梨県建設業協会と山梨県は災害協定を結んでいるのだけど、傘下の各地域の建設協力会の、つまり下請け業者は公共工事削減の嵐で重機を保有できない財務状態だった。このため建機リースに依存する事になり、こういう想定外の雪の時に重機の数が圧倒的に足りなくなる訳。

多くの住民は多分、朝から「除雪依頼」の電話をしているはずだけど、そんな訳で重機リースも含めて全稼働してもとてもじゃないけど足りない。その上、無理やり公共工事の数年分前倒し発注をかけたので、県内大手は草刈り場の東京とか東北に出張っていていない。人工も足りない。バカ野郎。

しかも自治体は除雪業務を、指名参加メンバーに入れてやるバーターとして、予算減の時に殆ど業者持ち出しの契約でゴリ押ししていた前科があり、中には除雪業務拒否の業者もいた。公共投資が減っていた中で、何時間も待機命令が出て、真夜中の危険作業が殆どタダ同然なんだから。

土建屋は過去の工事削減の嵐の中で財務体質改善のために重機を持たず、人工も直用していない。つまりゼネラルコントラクター、監理屋であって、こんな有史以来の大雪には即応できない。建設行政の歪んだ一面。 つか現内閣いい加減にしろや。

山梨県庁は東海地震に備える名目で防災体制の強化構築を名目にピッカピカの防災新館をバカのような予算で昨年建設。しかし一階は山梨県警の白バイ&ユニフォーム展示と県産品お土産ブースw

記録的降雪で交通遮断、陸の孤島となった山梨県各地の様子 - NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/213924287…

@YuriHiranuma 界隈のじいちゃんばあちゃんは大丈夫です。甲府市周辺部はかろうじて大丈夫でしょうが、県境部は陸自の工兵部隊入れないと無理でしょうね。その陸自が富士北麓の豪雪で足止めなので御坂峠越えられないでしょう。

↓山梨県は御坂峠で国中地方と郡内地方に分割されている。御坂峠は1000m級の山地。その両地方で100cmを超える積雪。幸い郡内(富士北麓地方富士吉田、都留)は北富士に自衛隊第一師団が駐屯しているが、甲府市がある国中地方に自衛隊駐屯地は無い。ヘリが飛んだのは郡内地方。

@ainokuroko 雪かきぶっ通しで疲れましたorz 1500人が車内や孤立集落から救出されたそうですが、まだ全容がわかりません。除雪車が少ないので殆ど孤立状態っぽいです。知事は災害派遣要請したのですが、自衛隊第一師団が駐屯地周辺の除雪で手いっぱいなのが痛いですね。

文句言うな自衛隊に感謝しろとか。誰も文句も言ってないし、感謝したくてもだいたいこっちには自衛隊も国交の道路パトロールも自治体の車両すらいないわw 1日中地区総出の除雪だバカ。国威発揚はすっこんで五輪見て泣いてろw

雪の害に対して、全く対応しようとする姿勢さえも見せない。 災害発生から、既に丸一日経過した。 政府に災害対策本部ができたというニュースは無い。 過去のどの政権よりも危機対応能力が無いのが、安倍晋三内閣だ。 これは、事実によって証明されたことだ。

高卒でも尋常小学校でも何でもよいけど文意はちゃんととれよw 国道放置車両が多くて除雪が進まないという話と公共事業予算によって除雪の体制自体が委縮した話は全然違うから。しかもこれは経審Aクラスの土建屋達が言っている話であって俺の類推じゃない。当事者に高卒の発想と言っているに等しいw

.@W_L_G さんの「除雪作業を支える建設業者の現状について」をお気に入りにしました。 togetter.com/li/630354

雪害の自己責任論が国威発揚界隈から吹き荒れてるけど、首都圏直下がいつ来るかわからんのにな。まさか雪降って雪かきして隣家確認して、また雪かきして、企画した商品精進湖に届ける連絡もして、なお自己責任論と愚民は死ねが来るからね。フーコーも真っ青の規律権力の内面化ってすごいな。

まあね本県はこんなところばっかなんだよ。これ誰が防災担当になっても無理筋に近い。例示した地区は町役場から車でも1時間近くかかるうえに、幅員4m未満の県道か町道一本。幸い同地区には土建屋が2軒あるはず。こんな地域が数十単位であるのが本県。bit.ly/1bV9X5t

災害時の救援リソースに限界があるというとりあえずの決定がある時に、今の風潮だとそこに住むな、あるいは住んでもいいがいざと言う時は自己責任が一番予算便益上得する。山ん中で棚田守ってるばあちゃんにも経済・社会合理性突きつけるんだろうな。

1 2 3 4