1. まとめトップ

【意外と簡単!】殻つき牡蠣のむき方~新鮮おいしい~

海のミルク【牡蠣】。新鮮においしく頂くには殻つきを自宅でむくのが一番!意外と簡単に向けるんですよ。

更新日: 2015年10月25日

4 お気に入り 55851 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

fishing-infoさん

~準備物~

1:軍手
2:牡蠣むき用のナイフ
  ※洋食用のテーブルナイフまたはマイナスドライバーでもOK

~むき方~

***牡蠣の置き方のコツ***

カキの殻は一方が膨らんでもう片方が平らになっています。膨らんだ方を下にして、カキの蝶つがい(貝殻がつなぎ合った部分)を体の手前にして置きます。

***ナイフの入れ方のコツ***

固く閉ざした鋭い殻です。割れたグラスを素手で握り締めるようなものですんで、怪我しないよう細心の注意が必要です。

貝を保持する左手は軍手をはめるか厚手の布巾でしっかりと巻き込み素手は避けて下さい。

カキむきをフタと「うつわ」の境目に刺し込みます。境目は若干色が違いますので
よく見るとわかります。テコの原理などを使って、徐々にカキむきを入れていきます。

カキむきを差し込んだら
カキむきを立ててフタをひらきます。
この際、一気にフタをはずすと、
「貝柱」がちぎれてしまいますので、
フタが浮く程度開いてください。

貝柱は上ブタとうつわの両方にくっついています。
先に上ブタの貝柱をカキむきで切ります。

上側の殻を持ち、ゆっくり殻をこじ開けます。

つぎに右下写真黄色線のあたりにナイフを入れ「下の貝柱」をカットしておしまい。

~完成~

1