1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

hiiro0517さん

▼こんな疑問を感じたことはありませんか?

▼Yahoo!知恵袋での疑問です。回答は以下のとおり

『猫バス』は猫の体がバスになっています。
なので、通常のバスのような運転手はおらず、『猫バス』自身が
自分の意思で動いています。

▼確かに、ネコバスには運転手はいなかったような気がします

いないし、ハンドルもない。

▼Wikipediaによれば…

ネコバス

身体がボンネットバスのような巨大なネコ。雄。ボンネットにあたる部分が頭で、背中が空洞になった胴体は柔らかな毛皮に覆われた座席になっている。爛々と光る眼がヘッドライト、額の両サイドのネズミがマーカーランプになっており、12本の足で水上、電線など、場所を選ばず風のように高速で走り、森の中を抜けるときは木々が脇に避けて道を空ける。

昔はカゴ屋に化けていたが、人間のバスを見てからバスの姿に化けるようになったという。

ロマンアルバム特別編集『となりのトトロ絵コンテ集』(1988年)附録の宮崎駿インタビューより。

▼ほほう…ところで先日、こんなポスターを発見

あれ、運転席になんかいる。

これは…トトロ…いや、もしかしたら中トトロ(初期設定では「ズク」という名前らしい)と、小さいトトロ(初期設定では「ミン」という名前)かも。あと、ハンドルもある。

大きさから言って中トトロが運転しているようにも思えます。

▼ちなみにこのポスターはヤフオクに出品されていたもの

貴重なものだったのか、1万1010円で落札された模様。

アニメ映画『となりのトトロ』(徳間書店)ポスターです。

当時のものと思われます。
サイズ=A1(594mm×841mm)

実は初期設定ではネコバスの運転手はトトロの仲間だった!ということかもしれませんね

1