1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

アドリア海の女王!世界に愛される水の都 「ヴェネツィア」

美しい水上都市!ぜひ行ってみたい街の1つです。

更新日: 2014年03月25日

383 お気に入り 49608 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiepitaさん

世界に愛される水の都 『ヴェネツィア』

場所は?

【ヴェネツィア】

中世にはヴェネツィア共和国の首都として栄えた都市で、「アドリア海の女王」「水の都」「アドリア海の真珠」などの別名をもつ。

イタリア共和国北東部に位置する都市で、その周辺地域を含む人口約26万人の基礎自治体。

参考http://ja.wikipedia.org/wiki/ヴェネツィア

ベネチアはアドリア海の最深部の潟(ラグーン)に建造された水上都市

おすすめポイントはなんといっても細く入れ組んだ「路地」です。

大小150の運河が入り組んだ街

都市の中心をカナル・グランデというS字の大運河が流れ、そのほか大小150近い運河が街中を縫って流れ400以上の橋によって構成されています。

ベネツィアで最も大きな運河「カナル・グランデ」

この街の象徴的な景色を作り出しているこの運河は全長3800mという長さで、運河沿いにも美しい街並みが続いていきます。

ベネチア内での移動は「徒歩」か「ヴァポレット」と呼ばれる定期循環船による移動が中心となります。

水と人々の暮らし

ゴンドラとはヴェネツィア特有の平底船のことです。

400以上の橋は街のいたる所に

かつては牢獄へ続く橋で、そこへ向かう囚人がこの世に別れを惜しみながら溜息をついたと言われている橋です。

ヴェネツィアの中心といえば

11世紀頃から建設が始まり、16世紀頃に現在の形に整備された広場です。

まずはサンマルコ広場です。ここはヴェネツィアの中心と言ってもいいでしょう。

ここは、9世紀初めに聖マルコの遺骨を祀るために、巨万の富を注いで建設されました。

オレンジの夕焼けがなんとも…幻想的!

こんなところで黄昏れてみたい。。

1 2