1. まとめトップ

才能の宝庫?埼玉北浦和KYARAバンドシーンまとめ(随時更新)

ジャンル問わず多種多様なバンドが日々集まり狂宴を繰り広げているともっぱらの噂。このライブハウスで活動するバンドは才能溢れる個性的な輩が多く、その一端を紹介できればと思う。

更新日: 2015年11月04日

17 お気に入り 50238 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

black_baloonさん

関東シーンの中でも異様な存在感を放つライブハウス。北浦和KYARA

ジャンル問わず多種多様なバンドが日々集まり狂宴を繰り広げているともっぱらの噂。
このライブハウスから産まれた、または現役で活動するバンドは才能溢れる個性的な輩が多く、その一端を紹介できればと思う。

2FはZagon Kitchen KYARAというダイニングレストランとなっている。

2014年9月北浦和KYARAは駅前に移転!

こちらが北浦和KYARAの旧店舗。
5階建てのビルがそのままライブハウスになっていた。
そのため、フロアと楽屋が同じ広さになっており、
オールスタンディングで言えば、エントランスよりBARよりも
フロアに一番人が入らないというのがKYARAの特徴といえるだろう。

the telephones

「We Are the telephones from KITAURAWA SAITAMA JAPAN!!」と全国のフェスで、ライブハウスで、さらには海外でも叫びまくり「北浦和」という地名の認知度を一躍上げた今や日本を代表するディスコモンスター達。通称電話ズ。ニューウェーブサウンドにパンク、ハードロック、ダンスミュージック…あらゆる音楽を消化したサウンドで若者を中心に絶大な人気を誇る。2015年日本武道館ワンマン公演を敢行。11/3のさいたまスーパーアリーナ公演にて無期限活動休止。
ちなみにメンバーの3人が北浦和KYARA店員だったというエピソードを持つ。

「odoru」のMVは北浦和公園とKYARAにて撮影された。歌詞にもKYARAが登場している

RIDDLE

活動暦13年。いち早くデビューし全国を股にかけ活動し「北浦和シーン」という言葉のオリジネイターであると言える四人組。美しいメロディーと切れ味しかないアレンジ。圧巻の爆発力を持ったライブでメロディックシーンのみならず多数のバンドから支持を受けている。DIY精神を持った独自の活動で渋谷O-WESTワンマンをイベンターやメディアを挟まずに敢行しソールドアウトさせる。2015年秋には待望の5th ALBUMを自主レーベルから発表。

ドミコ

Vo,GtとDrの2ピースバンド。同期を使わず坂下光(Vo,Gt)の足元でリアルタイムで構築されていく楽曲はUSインディーのバックボーンを彷彿とさせながらも独特のサイケ感とスリルを放ち、彼らのファンを公言する著名バンドマンも数多い。BAYCAMPのO.Aを始めFREETHROWやエロフェス、SOUND CROUSINGといった音楽好き垂涎のイベントにもブッキングされその名を広めつつある。2015年2ndALBUM「Delivery Songs」を発表。

The Whoops

埼玉大学の音楽サークルで結成された平均年齢22才の男女混合3人組。Vo,宮田の書く痛々しいまでの生活感と「ナード感」溢れる詩世界。非常に泥臭いライブで若い世代に共感を得ている。2015年「RO69JACK」主催のオムニバスに参加。

ORION

トリプルボーカルツインギターで暴走する北浦和HC。北浦和で精力的に自主企画「腸詰GIG」を行い、MEANING,bacho,to overflow evidence,AOW,THINK AGAIN,cleave等シーンの猛者を北浦和に招聘し、今や南埼玉を代表する若手HCバンドと呼べる。2014年初のフルアルバム「Party Nights」をリリース!!

Anabant Fulls

2012年結成の4人組。通称「アナバン」UKロックを基盤に特徴的なフックをふんだんに盛り込んだ楽曲。個性豊かかつ技術の高いメンバーが繰り出すライブが魅力。
北浦和KYARAに止まらず精力的な活動をしており、2015年新作「リアリスト」をリリース。全国ツアーを予定。

Ring Ring Lonely Rollss

通称「リンリン」the telephonesのOAを務めた事でも知られる the lipplesのフロントマン大阪を中心にそれぞれ別のバンドで活動していたメンバーが集結し2012年結成。
80'sロックンロールを基軸にした多幸感溢れるサウンドで界隈から高い評価を受けている若手。.初となる四曲入りシングル「Yummy e.p.」を2014年発売した。配信もしているので是非。

アルキツカレテ

平均年齢20歳の5人組バンド。2014年10代バンドキッズの甲子園である「閃光ライオット」にてファイナリストの座を勝ち取り、新木場コーストのステージに立つ。皮肉とユーモアの効いた歌詞と中毒性のあるメロディーを武器に2015年"NANASHI GIRL e.p."を全国リリース。

1 2 3