1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

ビーチ、砂漠、洞窟!美しく不思議な光景だらけのランサローテ島が楽しそう

スペインのカナリア諸島のひとつ「ランサローテ島」。ビーチがあり、月のような光景があったり、洞窟内にレストランやコンサートホールがあったりと、美しい景色と不思議な光景を島のあちこちで見ることができる、とても楽しそうな島です。ヨーロッパでは、客船クルーズの人気寄港地となっている島のようです。

更新日: 2016年10月25日

176 お気に入り 71092 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

CuteMonsterさん

ランサローテ島はスペインの島なんですが・・・

ランサローテ島について

カナリア諸島の島のひとつ。
日本ではなじみのない島ですが、ヨーロッパからバカンスで訪れる人が多い島。
特に、客船クルーズの寄港地でこの島に立ち寄る人が多いようです。
ビーチがいくつかありリゾート地ではあるのですが、特異な景色が見られるスポットがたくさんあり、観光も充実しています。

イベリア半島から南西に1,000 km、アフリカ大陸の北西より大西洋沖125kmに位置するカナリア諸島を構成する島のひとつである。

カナリア諸島、モロッコ沖のランサローテ島。18世紀に火山噴火によって島中に独特な地形が生み出されました。

島全体はセサル・マンリケというこの島出身の建築家の働きにより厳しい規制がしかれ、島の景観が守られています。溶岩流が流れた後の自然の地形を利用した家や自然公園など、自然と調和したマンリケの作品が島中にあり重要な観光スポットです。

ランサローテ島はカナリア諸島のなかで最も火山性質が際立った島で、植生も独特です。18世紀、19世紀の噴火の影響で、異世界のような景観がつくり出されて、たびたびSF映画の撮影地にもなったそうです。

見どころがたくさんあって面白そうです!

他にも、独特な植物に囲まれたくぼみに、メッチャ色が綺麗なプールがあったり、18世紀の噴火についての詳細な博物館があったり、そして洞窟内部のコンサートホールがあったりと、見所はたくさん。

一番の見どころはティマンファヤ国立公園

島南西部に位置するティマンファヤ国立公園には、18世紀の大噴火により形成されたクレーター、6年も噴火活動が続いたことによる広大な溶岩の風景。

この島は火山が作り出した幻想的な地形が見事。特にティマンファヤ国立公園の美しさは筆舌につくし難い。

ティマンファヤ国立公園内をラクダに乗って散策することができます。

ランサローテ島には昔からひとこぶラクダがいて、厳しい土地での農業には欠かせない動物だったようだ。今では火山灰の大地を歩いて観光に大活躍している。

かなりの高さまで噴き上がっています。

地中にほられた穴に水をいれると、、、
ものすっごい爆発音とともに水蒸気になって噴射されます。

井戸のような穴にわらを入れると火がないのに煙が出始め、炎を上げて燃えてしまいました。

公園内にあるレストラン『エル・ディアブロ』で供される、火山の地熱を利用して作られるバーベキュー料理! 世界広しとはいえども、ここまでワイルドな料理はなかなか体験できませんよね。

非常に珍しいブドウ畑があります

グーグルアースでも見ることができる、まるいボコボコの不思議な景色は、実はブドウ畑なんです!
このブドウでつくられるワインが名産。

ランサローテ島には、地球上でここにしか存在しない非常に珍しいブドウ畑がある。

1 2 3