1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

通勤通学の30分にサラッとチェックできるニュースアプリ

朝ゆっくり新聞が読めない、電車内のわずかな時間でニュースを読みたい…そんな方におすすめのニュースアプリのまとめです。

更新日: 2014年02月27日

59 お気に入り 17132 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

IT次郎さん

■膨大な量を30分で

ネット上には多数のメディアがネット上には多数のメディアが存在し、毎日膨大なニュースが発信されています。

“Feedly”などのRSSリーダーで見出しを取得してチェックする方法がポピュラーですが、ちょっとサボるとすぐに未読がたまってしまい、結局読むことをあきらめてしまった人も多い

長すぎるのも疲れるけれど、オン・オフの切り替えや情報入手のためには、ある程度の時間があってもいい。その「ちょうど良い時間」が「30分」という理想につながっている

毎日繰り返される、30分という時間を有効に使いたい。

■その30分はどのように使われているのか?

通勤中にしていることは、「音楽を聴く」(31.5%)、「読書」(22.4%)に次いで、「何もしない」(19.8%)という人も目立った。

「スマホのアプリで新聞各紙をチェック」(32歳・小売・企画)、「日記をつける」(33歳・医薬品・営業事務)、「iPhoneで英語のオーディオブックを聴く」(38歳・IT・人事)など、自分なりの工夫で有効活用している人も見られた。

利用中の携帯電話がスマートフォンとした553人のうち、ニュースアプリを「現在利用している」としたのは220人(39.8%)だった。

■30分あれば様々なニュースをチェックできます

Twitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)などのSNSアカウントを登録すると、そのアカウント内容からあなたが興味がありそうなインターネットページを紹介してくれる

Gunosyを使えば、時間を掛けて自分が興味があるページやニュースを探さなくても、読みたい記事などを一括で見ることができます。

わかりやすくサクサクした動きで操作しやすい“ユーザーインターフェース”と、電波がつながりにくい場所でも読み込みの早い“Smartモード”が特徴だ。

SmartNewsはメディアが配信するニュースを単に流しているわけではなく、毎日、Twitterに投稿される1000万件の記事の中から、読むべき記事を1000件程度に絞り込んでからユーザーに届けています。

LINE NEWS は、同社編集部の担当者が元になるニュース記事のポイントを「わかりやすく」数行に要約して提供する「やさしいニュース」というコンセプトのサービス。

アプリの「続報」機能を利用すれば、閲覧したトピックのその後の関連記事をプッシュ通知してくれる。

アプリを起動するとすぐに注目ニュースがランキングで表示されます。ここをサーッとスクロールするだけで、最新の話題をチェックすることができます。

1 2