1. まとめトップ
  2. おもしろ

ちりめんじゃこに隠れてる「チリメンモンスター」アツすぎw

白米のお供として昔から日本に馴染みのある「ちりめんじゃこ」。ちりめんじゃこは、イワシ類の稚魚を天日干しした食品ですが、製造工程では様々な海洋生物が混じっており、これらは「チリメンモンスター(チリモン)」と呼ばれており、一部で根強い人気を誇っています。

更新日: 2014年03月01日

772 お気に入り 435947 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

・今、「チリメンモンスター」がアツい!

チリメンモンスターwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwモンスターてwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

・チリメンモンスターとは

シラスに入ってるチリモン、たくさん見てるけどタツノオトシゴ入ってるの初めて見た。 カワハギとかチョー可愛い。これが趣味の人もいるから、異品種混入と除けていいものか(笑)

ちりめんじゃこの中に入っている小さな生き物たちのこと

その中にはたくさんのちりめんモンスターたちがいます

ちりめんじゃこの中に混じった小さな生きものたちはとても奇妙な姿をしているものも多いため、「チリメンモンスター」(略して「チリモン」)と呼ばれます

・ちりめんじゃこの中には様々な海の生物が存在する

今日のチリメンモンスターはエビとカニの赤ちゃんだったータコに会ってみたい....

チリメンモンスターにはエビ、タコ、イカ、カニの幼生、魚の子どもなどたくさんの種類が見つかります

チリモンの中にはタイとかアジとか、食用魚として普及しているものも、多く混ざっている

海洋生物の種類の数だけチリメンモンスターは存在することになるので、何種類のモンスターがいるのかはちょっと想像できません

・みんなが見つけたチリモン

チリメンモンスター達(((o(*゚▽゚*)o)))カニちょっとカタイねん! pic.twitter.com/QhDbvPhc2l

カニとかは乾燥してカリカリしてそう。

やっと家♪ ご褒美にナマコとシメサバ.....そして、チリメンモンスターをニヤニヤしながらさがす作業。 pic.twitter.com/AQ9IR91zEo

真ん中にいるのはイカでしょうか?

朝ご飯に食べたちりめんじゃこの中に タツノオトシゴが入ってました これってチリメンモンスター(略してチリモン)っていうやつですよね…!!!! pic.twitter.com/u9Mjhk9sYD

タツノオトシゴって食べられるんですかね...?

食べれるのかな?((((;゚Д゚)))))))左下のやつこわい“@calisius: チリメンモンスター拾ってみた twitpic.com/bhfy9b

すごい!こんなにたくさんいるんですね!

朝ごはんではチリモン(チリメンモンスター)に遭遇! イカさんベイビー? チリモン図鑑ってのがあったwww chirimon.jp/index.php pic.twitter.com/ApDzlHvRC4

こんなにちっちゃいのに、ちゃんとイカの姿をしてるんですね!

・チリモン専用のちりめんじゃこも販売されています

【チリモン】
内容量 :200g(約5~6人ぐらいの人数分)
販売価格:800円

※添加物や保存料などは一切使用していませんが、食品製品としての最終検査は行っておらず、食品としての販売ではないそうなので、ご注意ください。

なにこれ!! チリメンモンスター探し専用のちりめんじゃこ!!!! 欲しい!! kanejo.com/tirimon/tirimo…

白崎海洋公園の近く、和歌山県湯浅にあるカネ上という会社がこのチリモン様のチリメンジャコを販売している

夏休みの自由研究や土曜日のゆとり教育の時間などにお使いになるという保護者の皆様や学校関係者の皆様からのご注文が多い

普通にスーパーなどで売っているシラスやチリメンジャコだと、お目当ての混ざりものがほとんど入っていない

選別前のちりめんじゃこの中から小さな生き物を探すことで、海の環境や生物の多様性を知ることができます

1 2