1. まとめトップ

レズビアンになった理由は男性恐怖症ではない?

男性に興味がなさそうで、特定の女性とべったりの関係にある女性、うわさによればレズビアンらしいという女性が貴方の周囲にいませんか?秘密にしていることが多いので気付かないだけで、案外そばにいたりします。



このような女性は、男性恐怖症が原因で同性との交際をしているのでしょうか?



レズビアン(lesbian)は言うまでもなく、女性同士の愛人関係を指しています。



同性愛とは、男性同士または女性同士の間での親愛や性愛、その性的指向を指します。同性愛の性質を持っている人のことを同性愛者、英語でホモセクシュアル(homosexual)と言います。



日本語社会では、単にゲイという場合は、レズビアンと区別し、男性の同性愛者のみを指すことがほとんどです。ホモと言う場合も、男性の同性愛者を指す言葉として使われています。



さて、レズビアンの女性カップルに対し、多くの人が、男性恐怖症ではないかという誤解を持っているようです。ゲイのカップルの場合は、その反対で、「女性恐怖症」と見る向きが多いようです。

この誤解にもとづいて、恋人ができない女性に「男性恐怖症だから男の恋人ができないのだ、それが治れば男性と普通に付き合えるようになる」という助言をする人もいます。しかし、実は的外れな助言なのです。



実際には男性の友人を持っているレズビアンは少なくないからです。男性嫌悪を抱いたことから女性のみのつきあいを始めたというレズビアンは、実際には殆どいないとも言われています。



過去に男性との交際も経験し、しっくりこなかったなどの理由で男性との交際を避けているレズビアン女性もあるようですが、そのような人でも、必ずしも男性恐怖症というわけではありません。



男性の同性愛者の場合も、約半数はいずれかの時点で女性との性交を経験しており、女性に対して、関心も性的感情もまったく抱いたことのない男性のゲイは少ないとされています。



女性を愛する女性が、すべて男性を嫌いなわけではありません。女性が好きな女性の中には、男性を好きな人も大勢いるのです。「逆は真ならず」ですね。また、「多様性」は人間の本質ですが、不思議なものです。

女の子を好きになる理由

男性が怖くてレズビアンになったのでなければ何故なったのでしょうか?

女の子を好きになる理由


普通の女の子が疑問に思うと思うのが、なぜ女の子が女の子をう気になってしまうのでしょうか。というところではないですか?そういうと、ホモやゲイもそうなってくるのですが・・・。同性愛に関してはまだまだ医学的にも未知の部分が多く、明確な答えは特にありません。しかし、そんな形式ばった理由でをどうこう述べる前に心は勝手に動いてしまうものなのです。湧きあがる感情は誰にもそして自分自身も止める事は出来ないものなのです。

女の子が女の子を好きになってしまうパターンとして真性レズビアンというのが最も多いとは思います。また友達の延長線上にそれがある場合もあります。しかし、何をもってして同性愛なのかあるいは両性愛なのかという明確な定義なんてもんは存在しません。本人の自覚次第になってくると思います。レズではないかという自覚に揺れ動き悩んでいる人もいると思います。これは単なる一時的な感情なのか、それともこれが自分の性愛なのか・・・。

ただ思春期の時期に女性高などの女性だけの集団生活の中ではレズになるといった話はそうそう珍しい物でもありません。多感な時期でそのような感情がきっかけとなる場合もあれば、大人になっていくにつれてそのような感が薄れていくという事もありますので、そういった環境でレズだと思い込んでいる人はそこまで悩む事もないと思います。また、男性恐怖症だからといってレズになるというわけでもありません。キッカケなんて人それぞれなのです。

男性を愛するという自分の恋愛観に違和感を持った場合は第三者に相談することも大切です。自分だけの経験と世界あけでの判断は難しいと思いますからね。とにかく、異性を好きであろうと同性を好きであろうと、人を愛するこには変わりありません。そして決して異常ではないという事です。ただ、少数派の性愛を持っているだけに過ぎませんので、素直に感情の赴くままに時間がかかってもかまいませんので、ゆっくりと受け入れていけばいいと思いますよ。

そして、レズの出会いを探している人もこれを見ている人の中にはいると思います。又は悩んでいる人も・・・。今は、インターネットが気軽に利用出来る時代になっていますので、レズが集まるようなサイトはたくさんあります。そういったところには同じような境遇の方がたくさんいらっしゃいます。もし、今誰にも話せなくて悩んでいるのであれば、一度訪れてみて相談してもいいんではないでしょうか。便利にもなっている時代だからこそそういうところで使わないと勿体無いという事ですよ。

理由その1

大学に入って、京都に住み始めた、
まだ18歳の頃ですね。
初体験もその頃で、性の悦びを知って、
大阪にいた年上の従姉に迫られるような流れで、
仕込まれたというか、身体にビアンの味を教え込まれました。
特別、ビアンにハマッてしまったというわけではないんですが、
大学時代には、性的な面でいろいろなことがあって、
少なくとも大学時代の4年間は、
従姉に甘える、慰めを求めて、関係を持っていました。

理由その2

友達の友達がレズだそうだ。女の子を好きになった理由を尋ねると、「だって女の子の方が綺麗じゃない」と答えた。僕は当然その意見に共感出来る。即ち僕も女の子が好きである。よって僕はゲイではない。以上、証明終わり

理由その3

大学2年生の時に親友を好きになって、私ってビアンなんだ!と気付きました。しかし、親友には彼氏がいて…だから片思いですね。半年間思い続けましたが、さすがに略奪まではしたくなかった。好きだったけど…あきらめるよ!彼氏と仲良くね!って親友に宣言して片思いに終止符を打ちました。

そして…

ビアンサイトの掲示板で初めて友達を募集。数人からメールがきました。そのうちの1人の方とのメールが楽しいなー自分となんか合うなーと感じました。近くにきてるからーって急に会うことになって。いっぱいしゃべったのに、何しゃべったか緊張しすぎて覚えてない(汗)それから会う回数が増え、泊まりにいったり。初めて会ってから3ヶ月後に付き合うこととなりました。あれから3年…。現在交際3年5ヶ月、半同棲中(1年半くらい)です。

理由その4

そんな中男性恐怖症からの人もやはりいるようです。

私がレズになった原因?そりゃ、中学生の時のあのゲーセンの店員のせいでなった男性恐怖症からだろ!

実体験リンク

1





upset-winです。
いろいろな記事についてまとめていきますのでよろしくお願いします。