1. まとめトップ

新製品発表 続々 リストバンド型 活動量計 まとめ。

新製品が続々と発表されている、リストバンド型の活動量計をまとめました。ライフログに、エクササイズの管理に!

更新日: 2015年07月05日

20 お気に入り 75269 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

u1mさん

TalkBand B1 <ファーウェイ>

ファーウェイがリストバンド型活動量計 TalkBand B1 を発表しました。特徴はディスプレイ部分が外れてそのまま片耳タイプの Bluetooth ヘッドセットになるところ。iOS / Android デバイスとデータを同期して使うことができます。

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-
詳細はこちら
http://japanese.engadget.com/2014/02/24/talkband-b1-bluetooth/

リストバンド型の活動量計は多数ありますが、スマートフォンと連携はしても、通話できるものとなるとあまりお目にかかれません。

Vivofit <Garmin>

Vivofitは、Fitbit Flexのようなラバー素材のリストバンド型活動量計で、曲面ディスプレイを搭載しています。歩数や距離、心拍数などが計測でき、消費カロリーや睡眠モニタリングなどを表示する機能があります。データはBluetoothを利用して転送します。水深50m防水。

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-
詳細はこちら
http://japanese.engadget.com/2014/01/11/garmin-vivofit-2014-1q-garmin-connect-50m/?ncid=jpYNewsEN

ライフログツールというよりも、目標値を設定してクリアしていくエクササイズ管理ツールといった特長のVivofitは、2014年1〜3月にも発売予定。

SmartBand SWR10 <ソニー>

ソニーの MWC 2014 プレスカンファレンスより。SmartBand SWR10 は、スマートフォンと組み合わせて歩数など日々の行動を記録するデバイス。

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-
詳細はこちら
http://japanese.engadget.com/2014/02/24/smartband-swr10/

フィットネス的なログだけでなく、スマートフォン側の Lifelog アプリとあわせて使うことで、音楽や写真、通話などの行動もまとめてひとつの自分タイムラインに記録します。

Samsung Gear Fit <サムスン>

MWC 2014 で、サムスンが活動量計としても使えるスマートバンド Samsung Gear Fit を発表しました。アラーム時計、音声通話受信、SMS、電子メールといったスマートウォッチ機能に加えて、加速度計、ジャイロ、心拍計などのフィットネス系センサーを搭載し、ユーザーの日々の生活を記録してくれます

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-
詳細はこちら
http://japanese.engadget.com/2014/02/24/samsung-gear-fit/

Galaxy シリーズにプリインストールされている ToDo / カレンダーアプリ S-Planner からの通知ももちろん受信可能です。

Nike+ FuelBand <ナイキ>

リストバンド型の活動量計「Nike+ FuelBand」は、内蔵されたセンサーでユーザーのアクティビティを計測。BluetoothでiPhoneと接続し、専用のアプリでデータの分析や共有を行う事ができるデバイスです。

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-
詳細はこちら
http://touchlab.jp/2013/10/nikej_fuelband_se/

4色(ボルト、ピンクフォイル、トータルクリムゾン、ブラック)のカラーバリエーション

Lifeband Touch <LG>

CES 2014において、タッチ対応ディスプレイ搭載の活動量計 Lifeband Touchを発表したLGエレクトロニクス。

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-
詳細はこちら
http://japanese.engadget.com/2014/01/07/lg-lifeband-touch-hrm-earphone-360/

Lifeband Touchは後者で、このタイプの方が価格が割高になる傾向にありますが、「腕時計の代わりになるし」と購入する理由を見つけやすいはず。

1